よりフィットするようになった

写真拡大

ソニーは、防水対応でヘッドホン一体型の「ウォークマン WS410シリーズ」を2016年2月16日に発売する。

音楽を聴きながら、周囲の音も取り込める

腐食に強い端子と、本体表面に防汚コーティングを施したことで、真水やプールの水に加えて、海水(塩水)にも対応した。濡れた手での操作や、装着したまま海で泳げる。

また、独自のシール構造により防塵対応も実現。砂浜でも使える。

「外音取り込み機能」を採用。左右のヘッドホンにマイクを搭載することで、音楽を聴きながら、周囲の音も取り込める。音楽を聴きながら周囲の状況を確認できるので、ランニングなども安全に行える。

本体を頭部に固定できる「ネックバンド形状」を採用。耳にかかる部分の継ぎ目を無くし、丸い形にすることでよりフィット感が高まった。水泳、ランニングなどのスポーツ時にもずれにくい。

バッテリー持続時間は、従来モデルより1.5倍の約12時間になった。長時間の使用でも、バッテリー切れの心配が少ない。

4GB(ギガバイト)と8GBの2種類がラインナップ。価格はオープンだが、市場推定価格は4GBモデルが1万1000円前後、8GBモデルは1万4000円前後(いずれも税別)。