手倉森誠監督は内心、「しまった」と頭を抱えていたに違いない。

 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選(兼アジアU−23選手権)の決勝。前半を終え、日本が0−1と韓国にリードを許す展開に、指揮官の動きは早かった。

 後半開始からFWオナイウ阿道に代え、MF原川力を投入。この選手交代に合わせて、フォーメーションも4−4−2から4−3−3へと変更した。

 だが、これが完全に裏目に出た。手倉森監督は言う。

「3ボランチにして(相手の攻撃を)しのぎたくなった。だが、(結果的に)選手たちの慎重さに力を貸してしまった」

 韓国は先制して試合を進めることが多い一方で、後半の失点が多いことも分かっていた。だからこそ、最少失点でしのいでいれば、いずれ韓国の動きが落ち、勝機が生まれることは予想できた。

 ところが、日本は布陣変更のスキを突かれる形で、後半開始直後に追加点を許してしまう。DF岩波拓也が振り返る。

「フォーメーションをいじって、そのスキというか、空いたスペースを(韓国に)使われて、(日本の)選手が遅れて出て行くなかで、最後はゴール前で2対1(韓国の数的優位の状況)を作られた」

 しかも、この追加点で俄然ラクになった韓国は「どんどんワンタッチでパスを回して、余裕を見せてきた」(岩波)。指揮官の"悪手"が、試合の流れを韓国側へと大きく傾けてしまったのである。

「2点目を取られたのは、オレが悪い。これで負けたら、オレのせいだと思った」

 手倉森監督が、そう振り返ったのも無理はない。

 しかし、そんな指揮官を救ったのは、この大会を通じてたくましく成長した選手たちだった。

 キャプテンのMF遠藤航は、6試合目にして初めて先制される試合展開にも、「落ち着いて相手に(攻撃を)やらせず、1点を返せば(試合の流れが)変わるだろうと思っていた」と言い、こう続ける。

「今までがうまくいきすぎていた。だから、こういう(相手にリードされた)ときにどうするかを考えながらやっていた。焦(じ)れずにやる気持ちの部分で変われたと思う」

 FW浅野拓磨の投入が合図だった。

 苦笑いで「3点目を取られなくてよかった」と語った手倉森監督が、15分足らずで4−3−3に見切りをつけ、フォーメーションを4−2−3−1へ再変更するとともに浅野を1トップに入れると、選手たちは「拓磨のスピードを生かしたプレーをみんなが意識してやった」(遠藤)。

 快足FWの途中出場からわずか8分後の67分、DFラインの背後に走り込んだ浅野が、MF矢島慎也のスルーパスにワンタッチで合わせて1点を返す。矢島が語る。

「拓磨が入って、(手倉森監督の)攻撃を仕掛ける意図が読み取れた。拓磨の裏へ抜ける動きはいつも見ている。それが(6試合目の決勝で)ようやく点につながった」

 それでもスコアは1−2。韓国にはまだ1点のリードがあった。しかし、「1点を取られて、韓国の選手はショックを受けているようだった」と岩波。日本は直後の68分、DF山中亮輔のクロスに、今度は矢島が頭で合わせてたちまち同点に追いついた。

 こうなれば、勢いは日本である。

 81分、相手のクリアを拾ったMF中島翔哉がシンプルにワンタッチで縦パスを送ると、再び裏へ抜け出した浅野が冷静に左足で流し込み、一気に試合をひっくり返した。

 このリオ世代(1993年以降生まれ)を含め、数々の年代別日本代表が苦杯をなめさせられてきた韓国を相手に、痛快な逆転劇。致命傷になりかねなかった手倉森監督のミスを、見事に選手たちが帳消しにした。2失点を悔やんでいた岩波が言う。

「0−2から3点取ってくれるなんて思っていなかった。後ろから見ていて感動した。あれを逆転できるチームになったんだなと思った」

 この大会、日本は必ずしもすべての試合で主導権を握れたわけではない。むしろ劣勢の試合のほうが多く、選手たちは「耐えて勝つ」ことで少しずつ自信をつけ、たくましさを増していった。

 そんな選手たちは、韓国を相手に0−2という絶望的な状況でも「下を向かずに落ち着いてやれた」(遠藤)。過去、アジアにおける数々の大会でベスト8の壁を破れずに来たリオ世代の選手たちが、驚くほどの変貌を遂げた結果の大逆転だった。

 選手たちに救われた形となった手倉森監督。だが、元をたどれば、彼らをたくましく成長させたのも、その手倉森監督である。遠藤が語る。

「誰も予想できないような展開だったが、監督にはいつも『しっかりと準備をすれば運も転がってくる』と言われていた。あきらめない気持ちやチームの一体感があったから、こういう結果になったと思う」

 ずっとアジアで勝てなかった選手たちは、この大会に「5大会続いてきた五輪出場を自分たちの代で止めてしまうのは、サッカー界で許されないこと」(岩波)と、悲壮な覚悟をもって臨んでいた。

 そして手倉森監督もまた、「彼らはU−20ワールドカップ(の出場)を逃し、プレッシャーをかけられてここへ来た」と、選手たちの置かれている状況を理解していた。

 だからこそ、選手たちに「悔しさを喜びに変えよう」「五輪に出て、自分たちの世代が日本のサッカーを引っ張っていくんだ」と語りかけ、少しずつ自信を持たせていった。

 今大会6試合を通じて先発メンバーを固定しなかったのは、選手の成長を促すためでもあった。手倉森監督は言う。

「この大会でベストメンバーは作らないという決まりを(自分のなかで)作った。ベストメンバーを決めてしまうと、控えの選手はどうせ自分は出られないと思ってしまう。最後まで競争意識をあおりたいし、自分が試合に出て、絶対に勝つんだという当事者意識を持たせたかった」

 とくに気を配ったのは、「モチベーションを損なわないようにすること」だった。先発メンバーから外れる選手には、なぜ外れるのか、その理由も含めて言葉をかけた。

 その結果、誰ひとりこぼれることなく、23名全員が一丸となって全6試合を戦い抜いた。ヒーローは毎試合、日替わりで誕生した。ゴールが決まれば、ベンチからは控えの選手が揃って飛び出し、ゴールを決めた選手は必ず彼らの作る輪に飛び込んだ。

「今大会は途中交代の選手が結果を出す場面が多かった。みんながいい準備をした結果だと思う」

 遠藤はそう言って、メンバーを固定せずに戦った効果を口にする。

 この日の決勝を前にしても、手倉森監督の言葉は的確だった。

 日本と韓国はともに、先制点を取って試合を有利に進めることでここまで勝ち上がってきた。だとすれば、当然韓国に先制点を奪われる可能性もある。そんな話をしながら、力を込めてこう語りかけた。

「コンディションはこっちが上なのだから、(先制点を取られても)絶対にひっくり返せる」

 果たして試合は、指揮官の言葉どおりの展開となった。

 ピッチ内外を問わず、常に選手たちと向き合い、語りかけ、この世代を高みに押し上げようとしてきた手倉森監督。選手たちはそれに応えるように、大会前には難しいと思われていたリオ五輪出場を決め、ついにはアジア王者にまで上り詰めた。

 そんな彼らを見ながら、指揮官は何より自分を救ってくれたことに成長を実感していたのではないだろうか。

浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki