ファン・ハールがセキュリティ会社と契約か

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッドを指揮するルイス・ファン・ハール監督がこの度、セキュリティ会社と個人契約に至ったようだ。イギリス『サン』が伝えている。

▽ファン・ハール監督は、積極性に欠ける守備的なチーム戦術や、伴わない成績の責任を受け、一部のユナイテッドサポーターからの批判に晒されており、周囲からの風当たりも強まっている。

▽報道によれば、日に日に強まる批判を危惧したオランダ人指揮官は、自身の家族にまで被害が及ぶことを懸念し、ユナイテッドファンの自宅への押しかけに備えてセキュリティ会社と契約。自宅周辺を24時間体制でガードマンに監視してもらうという。

▽解任報道も熱を帯びつつあるファン・ハール監督のユナイテッドは、先月29日に行われたFAカップ4回戦のダービー戦を3-1で勝利。2日には、プレミアリーグ第24節でストーク・シティとホームで対戦する。