Doctors Me(ドクターズミー)- 2月1日〜2月7日は「生活習慣病予防週間」。働き盛りの男性は要注意です!

写真拡大

運動不足、喫煙、偏食、不規則な生活など、悪いとわかっていてもなかなか直せない悪習慣による病気、それが生活習慣病です。

その3大疾患が、

・糖尿病
・脂質異常症(以前は高脂血症と呼ばれていました)
・高血圧

そのほか心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳失血、がん、腎臓病、肝臓病、骨粗しょう症、歯周病なども生活習慣病に含まれます。多くは、自覚症状がなく、相当の年数を経てから病状が現れるのが特徴です。

生活習慣病で怖いのは、動脈硬化

3大疾患を高める要因のひとつが肥満。

しかも、肥満傾向の高い人は、糖尿病、資質異常症、高血圧が合併して発症しやすくなるといわれています。それにより、動脈が硬くなり弾力性がなくなる「動脈硬化」をも促進させることがわかってきました。

これは、血管内部に溜まったコレストロールが原因で、最終的には、血管が詰まり、心筋梗塞や脳卒中などの、命に関わる疾患に襲われることも。

近年は、脂肪分の摂りすぎ、塩分の摂りすぎにより、動脈硬化が加速することも分かっています。いっぽう血管は年齢とともに硬くなるので、生活習慣病との関連が深い肥満には、特に気をつけなければなりません。

あなたは大丈夫? 生活習慣病チェック

【チェック1 〜日常生活〜】

□40歳以上である
□大食漢 
□お酒をよく飲む
□20歳時より体重が10kg増加
□体を動かすのが嫌い
□お腹周りがでている
□夜更かしが多く睡眠不足 
□多忙で休養がしっかりとれない
□ストレスがたまっている
□タバコを吸う

5個以上チェックがある人は、要注意。
特に40歳を越え、かつ喫煙、飲酒の習慣のある人は、生活習慣病の可能性が、かなり高いといえます。また、お腹周りが出ている方も注意です(ウエスト男性85cm、女性90cm以上)。

【チェック2 〜食事〜】
□ご飯やパン(炭水化物)の摂取量が多い 
□早食い
□脂っこいものが好き 
□濃い味が好き
□ほぼ毎日間食している
□外食、ファストフード、レトルト食品をよく利用する
□甘い飲料水をよく飲む
□深夜によく飲食する
□朝食を抜くことが多い
□野菜や海藻類の摂取量が少ない

5個以上チェックありの方は要注意。
特に、日常的に外食、ファストフードが多い方、深夜に飲食しているという方は、中性脂肪、血糖値が高い傾向に。食事は規則正しく、腹八分目を目安にバランスよく食べましょう。

【チェック3 〜運動〜】
□運動不足だと実感している
□つい階段での移動を避ける
□1日の歩数が7000歩以下
□継続して行っているスポーツはない
□移動によく車を使う

3個以上チェックありの方、要注意。
通勤以外で歩かない、という方は、1回30分、週3回歩くようにしましょう。体を動かすことで、心身共にリフレッシュできます。

まとめ

上記、3のカテゴリーのうち2つの項目で要注意だった方は、生活習慣病の予備軍の可能性大!

年に1回は、健康診断を受け、もし異常値がある場合は、必ず病院を受診しましょう。そして、生活習慣をしっかり見直してくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)