31日、サッカー男子のリオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたU−23アジア選手権決勝で日本に逆転負けを喫した韓国代表チームが韓国に帰国、会見で深々と頭を下げた。これについて韓国のネットユーザーがさまざまな声を寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年1月31日、サッカー男子のリオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたU−23アジア選手権決勝で、日本に逆転負けを喫した韓国代表チームが韓国に帰国し、会見で謝罪した。韓国・スポーツ朝鮮が伝えた。

この日午後、韓国・仁川空港に到着した選手団は、申台龍(シン・テヨン)監督を中心に会見用のひな壇に並ぶと、そろって起立、深々と頭を下げた。会見場には「世界初、8大会連続の五輪進出」と、代表チームが今回打ち立てた記録が華々しく記されたが、その前でこうべを垂れる選手団の写真を、記事は「韓日戦敗北、申し訳ありません」との見出しで報じた。

U−23アジア選手権決勝は30日にカタール・ドーハで行われ、後半途中まで韓国が2−0とリードしていたものの、日本が3点を返し逆転勝利を果たした。

「絶対に負けられない」日韓戦の敗北に頭を下げた選手たちに、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「何も申し訳なくなんかない。お疲れさま。背負っていたプレッシャーも相当だっただろう」
「立派だよ!」
「よく頑張ったよ。五輪ではミスを減らして」

「謝ることじゃない。これが実力なんだ」
「韓日戦は絶対に勝たなきゃいけないのに…残念だけど、まあ頑張ったね」
「世界新記録を打ち立てたんだし、謝ることはない。そもそも、韓日戦にはいつでも勝つという考え自体が間違っている」

「前半は良かったけど、後半はむちゃくちゃだった」
「油断は禁物」
「これは負ける試合じゃなかった。100%とは言えないけど、2点を決めた後にディフェンスを強化すれば、少なくとも2−1で勝てた」

「申監督、今回は負けはしたけど、負けた原因を分析して次に勝てばいい」
「日本に負けたから責めるわけじゃないけど、この間の監督のインタビューでの発言はとても軽率で低レベルだった。代表監督として、もっと洗練された慎重な姿勢を見せてほしい」(翻訳・編集/吉金)