samui2

写真拡大 (全4枚)

荷物をほどいて一息入れたら、水着を着用してリゾートの探索へと出かけよう。「インターコンチネンタル サムイ バーン タリンガムリゾート」内には大小7つのプールがある。まずはロビー横にある、インフィニティープールへ。荷物をほどいて一息入れたら、水着を着用してリゾートの探索へと出かけよう。「インターコンチネンタル サムイ バーン タリンガムリゾート」内には大小7つのプールがある。
まずはロビー横にある、インフィニティープールへ。同リゾートのアイコンともなっている、1993年に作られた、サムイで最初のインフィニティープールだという。インターコンチネンタルのオペレーションとなったのは2012年からだが、それ以前からここに存在しているというわけだ。プールの先端にあるサラはジャグジープールになっていて、また、海側、山側両方の景観が楽しめるのもうれしい。

ビーチサイドのメインプールには、ロビーエリアからは熱帯の樹木に覆われた吊り橋などを通り、5分ほど下ったところに位置する。フロントで声をかけて、バギーを利用してもいい。プールの周辺には、カバナやデッキチェアにデイベッドが並び、どこに腰を落ち着けようか迷ってしまうほど。プールは宿泊客のみが利用可能なので、ゆったりと時間を過ごすことができるのも魅力だ。2日目の朝、まだほとんどゲストがいない午前中の早い時間からデイベッドに陣取り、カクテルをオーダーし、日本から持参した文庫本を開いた。時々、プールで泳ぎ、疲れたら眠る──。欲望の赴くままに時間を過ごしたら、あっという間にお昼をまわっていた。ラグジュアリーなぐうたらを決め込むにはもってこい、だ。また、今回はスケジュールの関係で行くことができなかったのだが、ホテル専用のクルーズ船で、アントン諸島やタオ島などへのデイ・トリップに繰り出すこともできる。

写真右:時々、プールに飛び込みながら熱帯の森を散策するのは、随所にプールがあるのは同リゾートならではの楽しみ。


レストランは2か所。ひとつは、ロビーフロアの階下にある「アンバー」だ。こちらは、朝食からディナーまでを提供するオールデイダイニングとなっている。朝はキッチンで焼きあげる自家製のパンをはじめ、豊富な朝食メニューを、ランチ、ディナーは洗練されたタイ料理とフュージョン料理を提供する。現在、IHG(インターコンチネンタル ホテルズ グループ)では、各地で活躍する一流シェフ7人を「食の親善大使」として起用し、各ホテルとコラボしたオリジナルメニューを創作するプログラムを展開中で、同グループのホテルでしか味わえない、上質でオリジナリティあふれる料理が楽しむことができる。リゾート滞在時はリゾート内で過ごす時間が多くなりがちなので、食の充実はなによりうれしい。また、ロビー同様、海を眼下にのぞむシチュエーションも抜群だ。ビーチ沿いにあるもう一つのレストラン「フレームズ」はシーフードやお肉のバーベキューが楽しめるグリルレストランだ。ピザ窯もあり、ピザやパスタなども提供している。

そして、なんといってもリゾートの最大の楽しみのひとつがスパ! 到着早々予約を入れ、予約の時間の少し前に、「バーン・タイ・スパ・バイ・ハーン」へ。リゾートの高台にある、タイ建築のスパ棟は、シックでありながらリゾートムードも感じられる素敵な空間だ。

タイの高級スパブランド「ハーン」のプロダクトを使用した施術が受けられる、スパ施設「バーン・タイ・スパ・バイ・ハーン」。ココナッツの実を使ったスクラブは同スパのシグニチャーメニューだ。

こちらのスパは、名前が示すとおり、東京でも展開するタイの高級スパブランド「ハーン」がオペレーションを手がけている(ちなみに、客室のアメニティも「ハーン」のもの)。ココナッツを使ったトリートメントやアーユルヴェーダなど、多彩なトリートメントメニューに、滞在中、毎日通いたくなってしまいそうだ。街中のスパに比べれば当然ながら値は張るが、リゾートのスパとしては高くはない。プロダクトの質やスタッフの技術の高さ、ベンジャロン焼きを配したエレガントなインテリア、施術後にハーブオイルを垂らしていただく、ハーブティーなどを考えれば、リーズナブルといっていいかもしれない。

太陽が傾き始めたら、サンセットに合わせてオープンする、海を真正面にのぞむサンセットのための特等席「Air Bar」へ。サムイ島一といわれる息をのむようなサンセットを目的に、車を飛ばして外から訪れる利用者も少なくないという。心地よい酔いとともに、刻々と豊かに表情を変えていく海を眺める、最高に贅沢なひと時だ。「バーンタリンガム」とは、タイ語で、「美しい崖の上の家」を意味する。のどかで美しい自然に包まれ、快適な施設に滞在する──、快適至極な空間がもたらしてくれた幸福感はリゾートを後にしてからも、いや日本に戻った今もなお続いている。
(text by aya hasegawa)


INFO:
インターコンチネンタル サムイ バーン タリンガムリゾート 
295 Moo 3, Taling Ngam Beach , Surat Thani : Koh Samui , Thailand
Tel:+66-77-429100


「癒しのサムイ、アクティブなバンコク! インターコンチネンタルに泊まる、タイの旅」、後編に続く。