画像

写真拡大

 電通は、ミュージシャンとして自ら作詞作曲を手掛けるクリエーターをはじめとする音楽制作領域の専門家、広告クリエーターなどによるクリエイティブユニット「ハミング・ブレイン」を立ち上げた。

 電通は2月1日、「歌」を起点にしたソリューションで顧客企業の課題解決を図るクリエイティブユニット「ハミング・ブレイン」を立ち上げた。ユニットメンバーは、ミュージシャンとして自ら作詞作曲を手掛けるクリエーターをはじめとする音楽制作領域の専門家、広告クリエーターやCMプランナーなどで構成されている。

 同ユニットでは、顧客企業が抱える課題の把握から戦略構築、作詞作曲、各種施策の実施と品質管理に至る全てのコミュニケーション活動を統合し、ワンパッケージで提供する。

 また施策は、CMソングをはじめとした楽曲の制作・提供にとどまらず、音楽コンテンツの配信・販売からライブやフェスティバルのようなイベントの企画・実施、アーティストグッズの商品化など多岐に渡る。

MarkeZine編集部[著]