写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●予備軍も含めると患者は約3,000万人と推定
「なんとなく口の中がねばつく」「舌がひりひりする」といった状況に遭遇した経験はないだろうか。もしも「はい」という人がいれば、それはドライマウスの"サイン"なのかもしれない。

本稿では、M.I.H.O.矯正歯科クリニック院長の今村美穂医師の解説をもとに、ドライマウスの症状と原因について紹介する。

○口が渇いて熟睡しづらくなる

ドライマウスの症状は、読んで字のごとく「唾液の分泌が低下し、口が乾燥する」というものだ。初期状態では「口腔内(こうくうない)のねばつき・強い乾燥」などの症状が出て、症状が悪化すると「唇のひび割れ」「舌のひりひり感」「舌や口腔内への炎症・白斑の出現」などにつながる。

だが、症状がさらに進行すると下記のような症状が現れ、QOLが著しく低下する。

■乾燥がひどく食事をうまく取れない

■話すことがおっくうになる

■口の渇きによる不快感で熟睡しづらくなる

■舌のひりひり感が口腔内の焼けつくような痛みに変わる

「薬を飲み始めて急に口が渇くようになった人は薬が原因の可能性があり、長期化して悪化することもあります。目や口が渇くといったシェーグレン症候群・膠原病の人は、日常生活に支障をきたすほど悲惨な状況になる場合もあります。原因となる問題が解決しないと症状が改善しないので、即座に直接的な改善を望めないことが患者さんを苦しめます」。

日本では潜在的に800万〜3,000万人程度のドライマウスや、ドライマウスに関連した症状の患者、ドライマウス予備軍の方がいると推定されている。ドライマウスはまさに「国民病」と言ってもよさそうだ。

○身近な原因は口呼吸

ドライマウスの原因は多岐にわたるが、健常な人が普通に生活するうえで最も身近なものとしてあげられるのは「口呼吸」ではないかと今村医師は指摘する。

「通常、呼吸は鼻で行います。鼻呼吸では空気は鼻から入り、鼻の中の湿った粘膜の空洞である副鼻腔(ふくびくう)を通ります。副鼻腔は多くの壁に仕切られ、乾燥しにくい状態になっています。口呼吸の方は口の中の粘膜が呼吸によって直接、乾燥してしまうため、ドライマウスになってしまうのです」。

口呼吸によるドライマウスを防ぐためには、鼻からの呼吸を意識することが大切。一部の歯科医院では、矯正治療と一緒に訓練やマウスピースなどを使った方法で鼻呼吸トレーニングをするケースもあるという。

他にも、「あごや舌といった口の周りの筋肉が衰えると、唾液の分泌がされにくくなります」ということで、日常生活でかみごたえのある食品を食べて唾液を出すようにするのも有効だ。

●ストレスがドライマウスを引き起こす理由
○不安やストレスが引き金となる場合も

意外かもしれないが、強いストレスや不安もドライマウスを誘発する。

私たちの体は、交感神経と副交感神経から成る自律神経によってコントロールされている。緊張時には交感神経が優位に、リラックス時には副交感神経が優位に働く仕組みになっており、この2つがバランスよく作用することで健康を維持している。

唾液線は副交感神経によってコントロールされているが、緊張やストレスが過度に加わると交感神経が作用し、唾液の分泌が急速に低下。そのため、口の渇きを覚えるというわけだ。その他にも、「加齢」や「薬(高血圧、花粉症、精神疾患)の副作用」なども原因となりうるので覚えておこう。

○虫歯や口臭リスク増大につながる

唾液には歯や口腔内の汚れを落とす「自浄作用」があり、不足すると細菌の繁殖につながる。そのため、ドライマウスは虫歯や歯周病、口臭などのリスクも増大させてしまう。「口の中が乾燥しているだけだから問題ない」とあなどることのないようにしよう。

※写真と本文は関係ありません

○記事監修: 今村美穂(いまむら みほ)

M.I.H.O.矯正歯科クリニック院長、MIHO歯科予防研究所 代表。日本歯科大学卒業、日本大学矯正科研修、DMACC大学(米アイオワ州)にて予防歯科プログラム作成のため渡米、研究を行う。1996年にDMACC大学卒業。日本矯正歯科学会認定医、日本成人矯正歯科学会認定医・専門医。研究内容は歯科予防・口腔機能と形態及び顎関節を含む口腔顔面の機能障害。MOSセミナー(歯科矯正セミナー、MFT口腔筋機能療法セミナー)主宰。

(栗田智久)