29日、国際ジャーナリスト連盟(IFJ)は、中国での報道の自由に関する2015年度版の報告書を公表した。資料写真。

写真拡大

2016年1月30日、米ボイス・オブ・アメリカ(中国語電子版)によると、国際ジャーナリスト連盟(International Federation of Journalists、IFJ)は29日、香港で中国での報道の自由に関する2015年度版の報告書を公表した。

IFJは8年連続で中国での報道の自由に関心を寄せている。

報告書では、15年7月に成立した中国の国家安全法を「中国政府が立法を通じてメディアするを統制する典型だ」と指摘。また(中国の国家安全を脅かす活動に従事したとの容疑で中国当局に拘束されたスウェーデン人の人権活動家や、中国共産党に批判的な本を出版・販売していた香港の書店の親会社の株主などが)テレビで「公開謝罪」や「公開懺悔」をさせられる「新しい形式」も加わったとした上で、「その意図は、メディア関係者の尊厳を失わせようとするものであり、メディア関係者が身を置く環境と潜在的な危険について警告を発することだ」と指摘した。

香港とマカオでの報道の自由については「この1年間、下降傾向にある」と指摘した。(翻訳・編集/柳川)