農薬不使用の国産雑穀「つぶつぶ雑穀」を使ったスイーツ、創作料理がいっぱい

写真拡大

東京・早稲田の老舗ビーガンレストラン「つぶつぶカフェ」と東京・神楽坂の雑穀料理 イタリアン ビーガンレストラン「ボナ!つぶつぶ」が融合した「つぶつぶカフェ+ボナ!つぶつぶ」が2016年2月3日、東京・早稲田にリニューアルオープンします。

1983年に雑穀が味わえる日本初の"ビーガンレストラン&食材ショップ"として誕生したつぶつぶグランマゆみこ(大谷ゆみこ)さんの店が、農薬不使用の国産雑穀「つぶつぶ雑穀」を使ったスイーツ、創作料理を扱う場所に生まれ変わります。

ひき肉?チーズ? いえいえ雑穀です!

ビーガンは、菜食主義の中でも動物性食品を一切摂取しない完全菜食主義者のこと。一粒一粒に人の体を支えるほとんどの栄養が絶妙のバランスで詰まっているとされる「つぶつぶ雑穀」は、ご飯の仲間なのにおかずにも変身するユニークな食材で、肉を使わずにひき肉料理が作れる高キビ、チーズを使わずにピザを作れるもちアワなどがあります。

「つぶつぶカフェ+ボナ!つぶつぶ」では、砂糖、ミルク不使用なのに甘い「つぶつぶ雑穀」を使用したパフェ、雑穀だけなのにチーズ、肉の味が感じられる創作料理などを提供します。

住所は東京都新宿区弁天町143-5。営業時間はランチ11時30分から14時まで、ディナー18時から22時30分まで(L.O.21時30分)、カフェ11時30分から18時まで(同17時)。定休日火曜日、月曜日はランチ、カフェのみ。詳しくは公式サイトから。