大阪府警が捜査書類や証拠品などを放置 3000件が時効に

ざっくり言うと

  • 大阪府警で捜査書類や証拠品が保管場所ではない所に置かれていたことが判明
  • 捜査も放置されており、約3000件の事件は公訴時効が成立しているという
  • 大半は暴行や傷害、横領で、殺人などの重大事件は含まれていないとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング