シリアで爆発が相次ぎ63人死亡 「イスラム国」が和平協議の妨害狙ったか

ざっくり言うと

  • 1月31日、シリアの首都近郊で爆発が相次ぎ少なくとも63人が死亡した
  • 自動車爆弾の爆発や自爆テロが発生し、ケガ人も多数出ている
  • 「イスラム国」が和平協議の妨害を狙った可能性があるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング