30日、中国メディアの今日頭条が、アベノミクスについて批評する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は安倍首相。

写真拡大

2016年1月30日、中国メディアの今日頭条が、アベノミクスについて批評する記事を掲載した。

記事では、アベノミクスの3本の矢とは、結局のところ「大胆な貨幣政策と大規模なインフラ整備への投資」だと分析。しかし、円安によって日本のGDPは12年の5兆9000億ドルから4兆6000億ドルへ減少し、GDP成長率も12年は2%以上だったのが昨年は1.6%に落ち込んだと指摘、日本経済は良くなるどころか悪くなったと論じた。そして、日本経済は中国人旅行客による消費を当てにしており、アベノミクスの3本の矢は日本を傷つけた以外に何の役にも立たなかったと主張した。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本製品と日本旅行はボイコットすべきだ」
「日本製品をボイコットして日本経済崩壊を加速させよう」

「気骨のない中国人たちが日本にお金を送っているんだな」
「日本へ制裁を課し、中国人の日本旅行を停止すべき」

「でも日本は衰退していないし、日経平均株価は上昇した。俺たちの株価の方は下がる一方だ。ガソリン代の半分は税金で物価は上がる一方。日本の事を笑う前に自分のことをよく見た方がいい」

「安倍首相は政治家としては合格だ。政治家は面の皮が厚い必要がある」
「まあ中国も五十歩百歩だけどね」
「でも中国の方がもっと悲惨だけど」(翻訳・編集/山中)