リオ五輪を見据えるDF岩波拓也「まずはJリーグで結果を残したい」《AFC U-23日本代表》

写真拡大

▽カタールのドーハで開催されたAFC U-23選手権で優勝し、リオ五輪の出場権を獲得したU-23日本代表が31日の夜に帰国。羽田空港で帰国記者会見を開いた。

▽記者会見には、U-23日本代表を率いる手倉森誠監督、キャプテンを務めたMF遠藤航(浦和)、副キャプテンのMF大島僚太(川崎F)とDF岩波拓也(神戸)が出席。現在の心境やリオ五輪に向けた意気込みなどを語った。

▽ディフェンスリーダーとして、堅守を誇った日本の守備を支えた岩波のコメントと質疑応答は以下のとおり。

◆DF岩波拓也(神戸)

「まずは五輪(出場)と優勝を決めることができて嬉しく思っています。1カ月近くをチームメートやスタッフと共に過ごすことができて、最後の決勝戦まで戦うことができて、素晴らしい仲間、スタッフとプレーできたことを、とても嬉しく思います」

「そして、僕たちがなかなか勝てないなかで、色々厳しい声もありましたけど、そういう厳しい声を出してくれた人たちにも感謝したいと思います。リオ五輪ではさらに厳しい戦いがあると思いますけど、そのためにまずはJリーグで結果を残したいと思っています」

──大会を通じて最も手応えを感じたこと、リオ五輪に向けて課題だと感じていることは?

「手応えは、今までベスト8で敗れ続けてきて、本当に厳しい戦いをものにできなかったんですけど、今回は延長までいった厳しい試合もありましたし、そういう試合をものにできたことには手応えを感じました」

「リオに向けての課題は、アジアでは勝てるようになりましたけど、世界を見たときには、すべての面でレベルアップしていかなければいけないと感じています」

──チーム一丸となって戦えた理由は?

「なかなか勝てない、優勝などを手にしていない世代だったので、それが優勝したい、負けたくないという気持ちにつながったと思います。試合を見てもわかるように、ゴールが入ったときに皆で喜ぶ姿だったり、ああいった部分はチームがまとまってきたなと感じましたし、あのまとまりが結果を生んだのかなと思っています」