欧州で話題のイベントも日本初上陸!池袋で「バレンタイン・ファンタジー池袋」開催

写真拡大

ヨーロッパで話題のバレンタインイベント「ストラスブール・モナムール」を知っていた? これはフランスのストラスブール市で毎年開催されているもので、バレンタインシーズンに街中がハートやロマンティックな演出でいっぱいになるのだとか。このステキなイベントが日本にも初上陸する。

2016年2月11日(木・祝)から14日(日)までの期間、池袋駅周辺の西口・東口エリアでは「バレンタイン・ファンタジー池袋」を開催する。この中で、池袋西口公園で開催される「ストラスブール・モナムール」は、池袋のある豊島区とストラスブール市が交流友好を結んだことから実現したそう。

「こちらでは、フランスらしいマジックなどのエンターテイメント・ショーもお楽しみいただけます。中でも、シルク・ド・ソレイユなどで活躍するクラウン・パフォーマー、フィリップ・エマールさんらのパフォーマンスはオススメです」と、広報担当者さん。

今回は「ストラスブール・モナムール」の日本初上陸を記念して、アルザス地方のNo.1イケメンを選ぶコンテストで優勝した「ミスター・アルザス」も、アルザスの文化を伝えるために来日するとか。「会場に置かれたピンクのソファーで、ミスター・アルザスとのツーショット撮影会も行いますよ」(同)
会場には、フードコートも設置され、ストラスブール市のあるアルザス地方の伝統料理であるピザ風の「タルトフランベ」や、会場限定のアルザス風マカロンなどがいただけるとか。

さらに、ピンクのハート型のショップ「ハート・キオスク」も3店登場。こちらでは、ストラスブール市のシンボルでもあるハートをあしらったファブリックや陶器などの雑貨を販売する。たくさんのアイテムの中から、好きなハート・グッズを探し出して。


また、池袋東口のサンシャイン通りの遊歩道では、2月12日(金)を除く3日間、国際色豊かなスイーツやギフトが揃う「ワールド・バレンタイン・マーケット」を開催する。本場・パリ仕込みの焼き菓子や、ポーランド大使館御用達の揚げドーナッツのほか、開発途上国を応援するフェアトレードの食品や雑貨など、のべ10店以上が日替わりで出店するそう。

「ステージでは、ラブソングをテーマにしたDJプレイも行われます。会場には木枠のフレームにバレンタインらしいデコレーションを施したフォトフレームも設置しますので、大切な人やお友達とぜひ記念撮影をどうぞ」(同)


音楽ファンなら、少人数編成のアンサンブルで本格的なクラシックの名曲を演奏する「芸劇ウィンド・オーケストラ・バレンタイン・コンサート」を覗いてみて。普段活動している東京芸術劇場を飛び出した演奏家たちが、「豊島区役所センタースクエア」(12日14時〜)や「ルミネ池袋B1F」(13日14時〜)などで、ストリートにラブソングを響かせるそう。

12日(金)と13日(土)には、「豊島区役所センタースクエア」で、ステキな女性をめざす女子のためのワークショップ「バレンタインイブ@としまセンタースクエア〜愛をかなえる美人レッスン by ミューズの相談会」もあるとか。美姿勢ウォーキングや社交ダンス、メイク&ネイルのブラッシュアップセミナーなど、無料のレッスンも。バレンタインデー直前の女子力アップにぴったり。

池袋がハートでいっぱいになるロマンティックなイベントは、バレンタインシーズンの新しいスタイルとして注目を集めそう。