新「コナン」にシュワ意欲満々、体力使う無敵の戦士役も「心配ない」。

写真拡大

アーノルド・シュワルツェネッガーが、「コナン」第3弾の製作が進んでいることを明かした。

1982年作「コナン・ザ・グレート」に戦士コナンとして出演したシュワルツェネッガーは、1984年作の第2弾「キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2」にも再び出演している。

あるインタビューの中でシュワルツェネッガーは、第3弾製作の噂についてたずねられた際、その作品のタイトルが「コナン・ザ・コンカラー」であることを明かし、「数十年にわたって僕は王座に君臨していたのだけど、突然彼らは僕を権力の座から引きずり下ろしたくなったんだよ。というストーリーでその映画は製作されるよ」「実際のところ、脚本はもう出来ているし、今は監督を探しているところさ。だからかなり正式なものだよ」と語る。

シュワルツェネッガーは加齢の影響を受けないよう、数十年に渡って体型を維持する努力をしているため、再び体力を使う無敵の戦士役を演じることに何の心配もないと続けた。

「自転車をこいだり、毎日トレーニングを続けることのメリットは他の人たちと同じように体が年をとっていかないことなんだ」
「体型を維持することで時間を元に戻すことが出来ているんだよ」
「気分もとてもいいし、ここ最近出演した映画の多くのスタントシーンも自分でやったよ。体力を使う演技はすべて自分でやっているし、僕はパワーに満ち溢れているから疲れるって事もなかったね。いい気分だよ」
「だから再び『コナン』の映画に出演して馬に乗って、剣を振りかざして戦ったりするすべての戦いのシーンも出来る自信があるんだ」