29日、環球時報は記事「中国エコカー市場に新予測、電気自動車は大気汚染を悪化させる?―英メディア」を掲載した。車そのものはエコに見えても、発電所から大量の汚染物質が排出されている。写真は北京市。

写真拡大

2016年1月29日、環球時報は記事「中国エコカー市場に新予測、電気自動車は大気汚染を悪化させる?―英メディア」を掲載した。

中国政府はエコカー普及を奨励している。税制の優遇だけではなく、大気汚染で乗用車利用規制が実施された場合にも電気自動車は対象外となる。奨励策を受けて電気自動車の販売台数は前年比で4倍となり、世界最大の市場になったという。

ところが中国の電気自動車は決してエコではないという。ロイター通信によると、中国の電気自動車はガソリン車と比べてPM2.5などの粒子状物質や化学物質の排出量で2〜5倍になる、と清華大学の研究チームは分析している。

問題は電気がどのようにつくられているか、だ。中国の発電所の多くは老朽化した火力発電所で、汚染物質の排出量が極めて多いことで知られている。このような発電所が残っている限り電気自動車はエコカーとはなりえない。電気自動車の普及奨励ではなく、クリーンな発電所の導入が今求められている。(翻訳・編集/増田聡太郎)