今では1年中食べられる“ネギ”ですが、本来の旬は11月〜2月です。冬が旬のネギは、実は風邪ひきに効果を発揮するパワー食材。「風邪を引いたら焼いたネギを布でくるんで喉に巻く」というおばあちゃんの知恵もちゃんと根拠のある話だったのです。風邪を引いたら、ネギの薬効を最大限に利用しましょう。

“ネギ”独特の香りには薬効がいっぱい!

ネギの香りのもとは硫化アリルという辛み成分です。玉ねぎやニンニクにも豊富に含まれる成分で、体内で分解されアリシンに変化します。ネギには白ネギと青ネギがありますが、硫化アリルが多く含まれるのは白ネギの方です。白ネギでも、青い部分よりも白い部分の方が多く含まれています。アリシンの大きな特徴は、強い抗菌力や殺菌力を持っていることで、風邪の原因となる細菌やウイルスを撃退する力があるのです。ネギを焼くことで、硫化アリルが出やすくなる特徴もあります。焼いたネギを喉に巻いて寝ることで、長時間にわたって硫化アリルが少しずつ作用するので、粘膜に付着した病原菌を取り除いて、のどの痛みや咳を緩和してくれる効果があります。

“ネギ”は風邪ひきの体力回復にも最適!

アリシンの働きは、それだけではありません。ビタミンB1の吸収を高めるのもアリシンの大きな特徴です。ビタミンB1には乳酸の分解を促進する作用があり、「疲労回復ビタミン」とも呼ばれているビタミン。ネギを食べれば、ビタミンB1の働きで、風邪による体力の消耗から早めに回復することができるのです。ネギの香りには食欲を増進する効果もあるので、風邪でツラいときには、ネギをたっぷり入れたスープや味噌汁などを飲んでみてください。特に、味噌にはビタミンB1が豊富に含まれているので、「風邪ひきに刻みネギたっぷりの味噌汁」というのは理にかなっているのです。

捨てないで!“ネギ”の青い部分には栄養がいっぱい!

ネギの青い部分は緑黄色野菜で、β-カロテンを始めとして、ビタミンC、K、カリウム、カルシウムなどの栄養素がいっぱいです。青い部分は捨ててしまっているという方も多いのではないでしょうか。実は、それはとてももったいないこと。風邪ひきの時でも、刻んでスープに入れるなどして有効に活用しましょう。

ネギは風邪ひきの時におススメしたいNo.1食材ですが、もちろん元気な時にもたくさん食べてほしい野菜です。硫化アリルには、血液をサラサラにしたり、血管を拡張して高血圧を予防する効果もあります。また、抗酸化力が強いのでネギを食べればお肌もツヤツヤに。ネギを上手に利用して、健康も美容も手に入れましょう!


writer:岩田かほり