蔡英文氏のフェイスブックページより

写真拡大

(台北 31日 中央社)民進党所属の蔡英文次期総統は30日、台北市内で開かれた同人誌即売会「ファンシー・フロンティア(開拓動漫祭)」を視察。出展者のブースなどを回り若者らと交流を図った。

会場では大きな歓迎を受け、蔡氏は手を振るなどして応えた。大ヒットゲーム「艦隊これくしょん ―艦これ―」のキャラクター「霧島」に容姿が似ていることから、「霧島、霧島」と声が上がる場面もあった。

蔡氏と2匹の飼い猫をモチーフにした同人誌を手がける「蠢羊与奇怪生物」さんは、新政権に文化クリエイティブ産業やアニメ・漫画産業への重視を求め、人気作家が企業と協力できる機会が増えればと語った。

(呂欣ケイ/編集:齊藤啓介)