31日、中国メディアはこのほど、日本の対中投資が減少している理由について分析する記事を掲載。中国のネットユーザーの反応はさまざまで、日本のネットユーザーは「三十六計逃げるにしかず」などの声を上げている。

写真拡大

2016年1月31日、中国メディア・今日頭条はこのほど、日本の対中投資が減少している理由を分析する記事を掲載した。記事に対して中国のネットユーザーからは、さまざまな声が交錯し、日本のネットユーザーは「三十六計逃げるにしかず」などと反応している。

今日頭条が伝えた中国商務省の統計によると、15年の日本の対中投資額は前年に比べ25.2%減少し、約3800億円になった。マイナスは3年連続となる。

記事は日本メディアの報道を引用し、日中関係は改善の兆しがあるものの対中投資の減少が続いている理由として、中国経済の減速、人件費の上昇、中国政府の産業政策の変化の三つが挙げられるとした。

このニュースに、中国のネットユーザーからは「日本企業の撤退は競争に負けたからにほかならない」「これはいいことだ。日本は中国に来て商売をしなくていい」「やはり中国人は日本製品をボイコットすべき」「日本人は全員出て行ってくれよ」「日本が中国市場から離れているのではなく、中国市場が日本企業を歓迎していないだけのこと」などの書き込みが寄せられた。

その一方で、「恥の気持ちがあるなら日本旅行をやめるべき」「日本は対中投資を減らしているのに、中国人は日本に行って大量に消費しているなんて、何も言えなくなるな」「もう稼ぐだけ稼いだからそろそろ潮時なんだろ」「国内企業と比べると日本企業は給料が高くて福利厚生もいいんだよなあ」といった意見も少なくなかった。

日本のネットユーザーは「三十六計逃げるにしかず」「中国政府は信用できないし、中国でもうけできなくなったから。日本の投資なくなっても、世界第2位の経済大国。日本の投資減ってなぜ騒ぐか分からない」「中国市場を捨てるわけじゃないけど、投資は慎重にならざるをえないだろう」などとコメント。

中には「生産拠点として撤退してるなら、競争に負けたのは中国側だろ」「中国からの撤退を考え始めたのは、反日暴動からだよ」などの指摘もあった。(編集/大隅)