緑内障は日本人の失明原因の第1位で、40歳以上の20人に1人がかかる。自覚症状がないまま進行する例が多い恐ろしい病気だが、ホウレンソウなどの青菜類を毎日食べると予防効果があるという研究を米国立眼病研究所がまとめ、米医学会誌「JAMA眼科版」(電子版)の2016年1月14日号に発表した。

青菜類が緑内障の予防にいいと証明した初めての大規模調査だ。

毎日1.5カップの青菜野菜でリスクが20〜30%減

研究では、米国で1984〜2014年に看護師と医療従事者の健康調査に参加した計10万5000人を対象に25年間追跡調査した。いずれも40歳以上で、調査開始時点では緑内障にかかっておらず、2年ごとに眼科検診を受けた。

調査期間中に約1500人が緑内障を発症した。研究チームは、対象者の食生活を調べ、青菜類の摂取量に応じ、1日に平均1.5カップ食べるグループから、3日に1カップしか食べないグループまで5つに分けた。その結果、最も多く食べたグループは、少なかったグループに比べて、緑内障を発症するリスクは20〜30%低かった。

一酸化窒素を生み出す硝酸を多く含む

なぜ、青菜類が目に良いのだろうか。研究チームによると、緑内障は視神経への血流の流れに障害が起こって発症する。血流は一酸化窒素が少なくなると悪化する。一酸化窒素には血管の壁を広げる働きがあるからだ。青菜類は一酸化窒素を生み出す硝酸を多く含んでいるため、目の中の血流を良くする効果がある。ただ、硝酸を摂(と)り過ぎると、血管が広がり過ぎて血圧が下がり、めまいや立ちくらみなどの副作用がある。

研究チームのラウル・パンディット氏は「納得できる結果が得られた。目のために青菜類を大いに食べようとアドバイスしたい。ただ、取りすぎは問題があるので、かかりつけの医師と相談することを勧めたい」と語っている。