藤本敏史が2ちゃんねるの批判にウンザリ「『すしざんまい!』やりたくない」

写真拡大

30日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)で、FUJIWARAの藤本敏史がインターネット上の電子掲示板・2ちゃんねるでの批判にウンザリしていると明かした。

番組では、ひな壇の芸人らが、仕込んでいたギャグを次々と披露する場面があった。その中で、ピン芸人のジョニ男は、隣に座っていた藤本に握手を求めるふりをして、人差し指と親指だけを立て「東急ハンズ!」と東急ハンズのロゴマークを模し、笑いを取った。

すると、ネプチューンの堀内健も、藤本に握手を求めるふりをして、手でエビを模した。そして、「エビ! エビ! 寿司は寿司でも?」と声をあげる。

これに続けて、藤本は「すしざんまい!」と、寿司チェーン店「すしざんまい」CMの木村清社長をマネた恒例のギャグを披露した。しかし、その直後、藤本は「これ、やりたくないねんて、ホンマに」と乗り気ではないことを漏らす。

藤本によると、「すしざんまい!」のネタは2ちゃんねる上で批判をされているというのだ。「『(さんまのお笑い)向上委員会』のスレッドで見てみたら『藤本の「すしざんまい!」、アレ何がおもろいねん?』って書いてあったわ」と明かし、「やめろ、だから!」と堀内に訴える。

さらに、「声を大にして言いたいわ。(このネタは)ホリケンのせいや、言いたいわ! 書き込んだヤツに!」と主張した。堀内が「中学生だぞ、あんなの書いてるの大体」と2ちゃんねるの批判に屈しないよう諭す。だが、藤本は「そうかもしれんけど、それでもイヤやわ」と、ネタに消極的であることを訴え続けていた。

【関連記事】
木下優樹菜がNON STYLEの漫才に「マジ神」 夫・藤本敏史はショック受ける
FUJIWARA・藤本敏史 長女にナメられていることが発覚「くせぇ!」
藤本敏史 一般人からの際どいネタフリを受けて思わず沈黙