30日、台湾の人気アーティストのジェイ・チョウが、1年間働いたスタッフをねぎらうため、総額850万台湾ドル(約3100万円)の大盤振る舞いをしている。写真はジェイ・チョウ。

写真拡大

2016年1月30日、台湾の人気アーティストのジェイ・チョウ(周杰倫)が、1年間働いたスタッフをねぎらうため、総額850万台湾ドル(約3100万円)の大盤振る舞いをしている。東森新聞網が伝えた。

【その他の写真】

旧暦正月を目前にしたこの時期は、個人事務所を持つタレントたちのスタッフへの慰労ぶりが毎年話題になる。ジェイ・チョウの15年は、結婚して第一子にも恵まれた記念すべき年となったが、収入のほうも絶好調で、6億7000万台湾ドル(約24億円)を稼いだとされる。

今月28日、ジェイ・チョウの事務所・杰威爾音楽有限公司の忘年会が行われたが、スタッフのために用意された賞金額は300万台湾ドル(約1100万円)に。さらにジェイの母親からもお年玉が配られ、親子で提供した金額は550万台湾ドル(約2000万円)に上った。

ジェイの大盤振る舞いはこれだけにとどまらず、旧正月明けにはスタッフを連れて、モルディブへの旅行も予定。こちらは総額300万台湾ドル(約1100万円)とされており、この年末だけで550万台湾ドル(約3100万円)を奮発したことに。中華圏のトップアーティストだけに、他のタレントとはケタ違いの金額となっている。(翻訳・編集/Mathilda)