いま必要なのは「メガネ」そっくりなスマートメガネ

写真拡大

Google Glassが存在感を失っていくなか、カール・ツァイスが取り組むスマートグラスには、果たして成長の可能性はあるのか。長年レンズ開発に取り組んできたメーカーが考えていること。

「いま必要なのは「メガネ」そっくりなスマートメガネ」の写真・リンク付きの記事はこちら

2年前、カールツァイスは10年以上に渡るヘッドマウント型ディスプレー(HMD)の開発(そして、約200年にわたるレンズの開発)への取り組みの結果、単純だが画期的な、ある課題にたどり着いた。「もしスマートメガネが、文字通りメガネのかたちをしていたら?」「それを実現するのに、どんなやり方がありうるのか?」

その1年後、カールツァイスは試作品モデルの開発に成功した。さらにその1年後には、実際に機能する製品をつくり上げた。これにさらに磨きをかけるべく、共にスマートグラスの理想形を実現するのに取り組むパートナー探しが、いま始まっている。

これはGoogle Glassでもなければ、Hololensとも違う。一見したところ、ごく普通のメガネだ。が、内蔵されているのは驚くべきテクノロジーであり、そこがこのスマートメガネのスマートたるゆえんなのだ。

メガネそっくり

カールツァイスのスマートグラスに関して語るべきことは多いが、現段階で特筆しなければならないのは、普通のメガネそっくりであるという点だ。ビン底のようなぶ厚いレンズのついた野暮な見た目ではなく、あなたの残りの寿命年数を表示したりするようなヘンテコな部品が付いているわけでもない。いつも掛けているようなメガネなのだ。

しかし、ここには極めて高度なテクノロジーが使われている。レンズにはフレネル型を採用し、レンズの縁部分に超小型ディスプレイが搭載されている。ディスプレイの光がレンズに入ると、フレネル型レンズのノコギリ状の断面に当たり、それを人間の眼が捉えるという仕組みだ。

では、カールツァイスはなぜ「メガネ型スマートグラス」の開発を追究しているのだろうか。Google Glassのように(すでにある)メガネにデヴァイスを取り付ける方式のほうが、ずっと簡単に済むはずだ。その答えは、もうGoogle Glassを装着している人を見かけなくなったのと同じ理由だ。

「いま、メガネの売れ行きはデザインで決まります。眼科医の診察を受けて完璧なレンズをつくりたいという人は少なくなっています。人は皆、とにかくカッコいいフレームが欲しいだけなのです」

こう語るのは、スマートグラス開発のために立ち上げられたカールツァイス内ヴェンチャー、ツァイス・スマートオプティクスを率いるカイ・ジェンス・ストローダー博士だ。「レンズにはフレームが必要です。そしてそのレンズは、スタイリッシュなフレームに合うものでなければならないのです」

わたしが試着した開発中のサンプルは、従来品よりも5gだけ重いとのことだが、掛けただけではその違いはまったく分からない。

「ただ製品化するだけなら、レンズに多大なエネルギーを注ぐ必要はありません」と、ストローダー氏は言う。「しかし、消費者にはそれこそが重要です。毎日ずっと身につけてもらえる製品をつくろうとするのなら、軽くて見栄えがよくないといけませんし、小さいこと、薄いことも外せません。単なる製品化とはまた別次元の難題というわけです」

率直に言えば、その難題はまだ完全には解決されてはいない。基礎となる技術はあれど、カールツァイスのヴィジョンにぴったりピントを合わせるには、いまだ進化の余地が多く残されている。

選択と集中

カールツァイスのスマートグラスをかけるとき、初期のオキュラス・リフトのときのようなワクワク感はない。実際に装着してみると、まだまだ改良が必要だという感覚がある。文字はぼやけて読みにくいし、背景が明るいと画像が見にくい。ソフトウェアもちゃちな代物だ。はっきり判読できるくらいに目が慣れるまで1、2秒かかるうえ、目つきも悪くなってしまう。

しかし、そうした部分にだけ目を向けていてもカールツァイスの取り組みそのもののポテンシャルは見えてこない。このプロダクトには、彼らの今後が期待できる。いまはまだ、バッテリーパックとの接続部が不細工に付属しているが、発売されるときには不要なものになっていることだろう。少なくとも常時付けておく必要はなくなるはずだ。その他、ディスプレイの精度やソフトウェアなど、完成までに残された仕事は数多いが、そのほとんどには実現可能な解決策が見えている。

「わたしたちの強みは、光学分野におけるミッシングリンク(失われた環)を提供することにあります」とストローダー氏は言う。「その他の分野のことは、それぞれ市場競争力を十分にもった企業に任せればいいのです。わたしたちはただひとつ、光学分野に特化します」

その点で、1月に開催されたCES 2016はまたとない機会だった。しかし、パートナー企業はいまだ現れていない。その日が来るまで、多くのことが保留のままとなる。わたしが試したデモ版では、最寄りのスターバックスを教えてくれる地図やヴィデオプレーヤーなどが使えたが、実用志向のソフトウェアを開発するには、本物志向のディヴェロッパーが必要だ。

取り組むべきことが多方面に及んでいるいまの状況を考えると、カールツァイスのスマートグラスの完成は、来年どころか10年先になるかもしれないとも思える。しかし思い出して欲しい。プロトタイプ開発から、スマートレンズ制作までかかったのは、わずか12カ月だ。しかもそのスマートレンズはいまでは1個あたり3分で製造可能だ。

「開発パートナーを選考するうえで重要なことは、チャンスの扉が開いているまさにいま、すぐにでも飛び込んで来られるかどうかという点です」とストローダー氏は言う。「マーケットではタイミングが死活問題です。現在のわたしたちにはレンズという大きなアドヴァンテージがあります。これを生かさねばならないのは、いまなのです」

先行きこそ不透明だが、カールツァイスのスマートグラスの見た目が受け入れられるのは確かだ。この点で、カールツァイスには一日の長がある。先頭を走っていたGoogle Glassでさえ、早くも姿を消した現時点では。

TAG

CES 2016WearableWIRED US