リサイクルショップに眠るお宝商品――脱サラできるほど稼げる中古家電って?
今や副業の定番として人気を集める「転売・せどり」ビジネス。独自のノウハウをもとに毎月大きな利益を上げている転売長者たちに、みずから足繁く通っている仕入れ先、そして活用ツールを公開してもらった!

◆【中古家電】リサイクルショップに通うだけで充分に生活していくことができる!

 サラリーマン生活から心機一転、’13年から転売を始め3か月後には脱サラしたという、ザキさんは中古家電を主戦場としている。

「まったくの素人からせどりを始めて、最初の月には5万円、次の月には10万円、3か月目には20万円ぐらい稼いで脱サラしました。そこからは2年目まではほとんど右肩上がり。仕入れ場所はよくある町のリサイクルショップやハードオフ、オフハウスだけです。それをAmazonで販売しています」

 中古は新品より売れ行きが予測しにくいイメージがあるが、使っているサイトはモノレート。

「家電ならなんでも売れますけど、細かく言うと炊飯器とか電子レンジのようなキッチン周りの製品は動きにくい印象ですね。反対に狙い目は扇風機やセラミックファンヒーターのような季節家電。その季節が始まってから仕入れても充分に間に合います」

 中古品のせどりというと、「掘り出し物」を探し出して高値で転売するイメージがあるが……。

「一発逆転の『レアもの』を狙うというより、1000円〜3000円程度の利益を確実に重ねていきます。これなら達人のような目利きも必要ありませんし、収入も安定するんです」

◆仕入れ先リスト

◎ハードオフ

リサイクルショップの代表格とも言っていいハードオフ。「そんな有名な店でいいの?」と思うかもしれないが、有名店だからこそ不要品を売りに来る人が多く、商品点数も充実しているため足繁く通っているという

◎オフハウス

ハードオフと同じ系列のオフハウス。前者との違いは、オフハウスが衣料中心だという点。だが、商品数は少ないものの家電も扱っており、家電販売が認知されていないためか安値で買えることもあるのだとか

【YAMAZEN DF-J121】
仕入れ値1880円→売値3500円
1620円のプラス!

リサイクルショップで仕入れたヒーターは、寒くなり始めた10月に購入後すぐ転売成功。季節家電は売れ足が早くオススメだが、エアコンなど大きすぎるものや高額すぎるものはなかなか売れないので注意が必要

【ザキ氏】
サラリーマン生活から心機一転、’13年から転売を始め、その3か月後には脱サラ。1年以内に月収は100万円を超え、2年目には年商3000万円をほぼ1人で達成するなど、順調に業績を伸ばす。現在はせどり、メルマガ・ブログアフィリエイト、投資などでも利益を出している

― 誰にも教えたくない[転売長者の仕入先]マル秘リスト ―