左から一青妙、藤本泉、木南晴夏、河合美智子、白羽弥仁監督

写真拡大

一青窈の姉で、女優やナレーターとして活躍する一青妙の2つのエッセイ「私の箱子」「ママ、ごはんまだ?」を映画化した『ママ、ごはんまだ?』。日本と台湾合作のこの映画の撮影現場取材が1月29日に行われ、一青妙役の木南晴夏、一青窈役の藤本泉、母・一青かづ枝役の河合美智子と、原作者の一青妙、監督の白羽弥仁(しらは・みつひと)が登場した。

[動画]一青窈、映画の中で母をめいっぱい看病したい

本作は台湾人の父と日本人の母、かわいい妹と4人で暮らした思い出の家を取り壊すと決めたとき、段ボールの中から偶然見つかった「箱子」をそっと覗き込むと、「家族の記憶」があふれ出したという内容で、家族の愛の絆を描いた作品。

中能登町の町制10周年を記念した事業で、石川県、金沢市、中能登町が特別協力し、映画製作会社「アイエス・フィールド」が撮影を担当する。

この日、行われたのは台湾出身の父と中能登町ゆかりの母の間に生まれた妙と妹の窈が、東京から北陸新幹線に乗って金沢駅に到着したシーン。映画『能登の花ヨメ』(08年)でもメガホンをとった白羽監督は「8年ぶりに石川を舞台にした映画を撮れて光栄。家族の絆について考えてもらえる映画にしたい」と意気込みを語った。

『ママ、ごはんまだ?』は2017年春の公開予定だ。

一青窈、広末涼子主演『はなちゃんのみそ汁』主題歌を書き下ろし。広末の姉役で出演も
一青窈が『唐山大地震-想い続けた32年-』イメージソングを書き下ろし!
一青窈の名曲をモチーフにした純愛映画で、新垣結衣と生田斗真が共演
[動画]一青窈が主題歌披露!映画『ペコロスの母に会いに行く』特別試写会