最近耳にするようになった「卵巣年齢」という言葉。卵巣年齢についてご存知ですか?なんと実年齢と比例しないこともあるという卵巣年齢。妊活中の女性には欠かせないチェック項目となっています。妊活中の人も、将来妊娠を望んでいる人も、知っておきたい卵巣年齢の基礎知識をご紹介しましょう。

女性は産まれた時から一生分の卵子を持っている

女性は卵巣の中に一生分の原子卵胞(卵子のもとになる細胞)を持って生まれてきます。その多くは成熟せずに消滅し、生まれたときに約200万個ある原子卵胞は、生理が始まる思春期には20万個〜30万個に減ってしまいます。その後は毎月数百個ずつ減少し、45歳になる頃には数千個まで減るそうです。女性が一生を通じて排卵する卵子の数はわずか500個ほど。そのなかから新たな命が誕生するのはまさに奇跡なのです。

卵巣も卵子も老化する

加齢とともに原子卵胞が減るだけではなく、卵巣も老化が進み卵子の質も低下していきます。年齢が進むにつれ、受精能力のある元気な卵子を育てて排卵することが難しくなっていくのです。一般的に38歳以上になると原子卵胞の数が2万5000個以下になり、それ以降は老化が急激に加速します。数と質の両方が衰えるために妊娠することが難しくなるのです。

卵巣年齢とは?

近年、医師のあいだで注目されるようになった卵巣年齢。これは血液の抗ミュラー管ホルモン(AMH)の数値から算出されます。このホルモンは未熟な卵胞の細胞から分泌されるもので、卵巣の中に受精能力のある未熟な卵胞が多いと数値が高くなり、数値が低いと卵胞が少なく卵巣年齢が高いということになります。通常は年齢とともに卵巣年齢も高くなっていきますが、年齢よりも卵巣年齢が高く妊娠しにくい人や年齢よりも卵巣年齢が若く妊娠しやすい人もいます。保険適用外のため実費ですが7000円前後で卵巣年齢を調べることができます。

卵巣年齢が高く、妊娠力が低いという結果が出ても、生活習慣や食生活、サプリメントなどで老化を遅らせることは可能とされています。簡単にできる卵巣の老化予防法としては、ストレスを溜めず体を冷やさず規則正しい生活習慣を心掛けることです。年齢が若くても卵巣だけが老化するケースもあります。あとで後悔しないように体を大事にしましょうね。


writer:しゃけごはん