<SMBCシンガポールオープン 最終日◇31日◇セントーサGCセラポンC(7,398ヤード・パー71)>
 日本ゴルフツアー機構とアジアンツアーの共催競技『SMBCシンガポールオープン』は、3日連続のサスペンデッドとなったが、無事ファイナルラウンドに漕ぎ着けた。全選手がファイナルラウンドのハーフターンを終え、首位スタートのソン・ヨンハン(韓国)が1バーディ・1ボギーのパープレーでトータル11アンダーの首位をキープし、後半へ入った。
 2打差のトータル9アンダー2位タイに小林伸太郎、リャン・ウェンチョン(中国)、そして今大会の注目のジョーダン・スピース(米国)がつける。続くトータル8アンダー5位タイには谷原秀人とワン・ジョンフン(韓国)が並ぶ。さらにトータル6アンダー7位タイにウォンジョン・リー(オーストラリア)、ブレット・マンソン(米国)、ミゲル・ダブエナ(フィリピン)ら5人。トータル5アンダー12位タイに川村昌弘、キース・ホーン(南アフリカ)ら7人がつける。
 その他の日本勢ではトータル4アンダー19位タイに貞方章男、藤本佳則。トータル2アンダー21位タイに池田勇太、片岡大育がつける。宮里優作、小池一平がトータル1アンダーで26位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>