31日、韓国・聯合ニュースは、サッカー男子のリオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたU−23アジア選手権決勝で、韓国が日本に敗れ準優勝となったことを伝えた。資料写真。

写真拡大

2016年1月31日、韓国・聯合ニュースは、サッカー男子のリオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたU−23アジア選手権決勝で、韓国が日本に敗れ準優勝となったことを伝えた。

申台龍(シン・テヨン)監督率いる韓国U−23代表は30日、カタール・ドーハで行われた日本との決勝戦で、後半途中まで2−0とリードしたものの日本に3ゴールを奪われ逆転負けを喫した。今回の敗北で、韓国は日本との五輪代表チームの試合で、6勝5敗4引き分けとなった。五輪最終予選無敗記録も34試合(25勝9分け)で途絶えた。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「決勝という大きな試合で、2−0で勝っていたのに、守備に徹することなく攻撃のサッカーをしていた。プロなら冷静に試合展開を考えるべきだった」
「何だ、この試合は?前半余裕で勝っていたのに、後半に3点奪われるなんて…。日本の実力が、勝っていたということなのか?」
「後半、ゴールを決めないといけない状況でもないのに、自陣ゴールを守ることもできないのか」

「サッカーまでヘル朝鮮(自国を卑下する呼称)だ」
「トイレに行って帰ってきたら、信じられないことになっていた」

「後半集中力が切れたのかな」
「選手たちが一番悔しいはずだ。周りがとやかく言うのはやめよう」

「選手たちは仁川空港に到着しても、頭なんて下げずに、堂々と入国してこい。君たちは良くやった」
「選手たちはよく頑張った、お疲れさまと言いたい」

「うぬぼれ、油断は自殺行為ということを良く表している試合だった」
「敵の日本チームから非常に大きな教訓を得た。今回の日本チームの試合は高3の私に非常に大きな希望を与えてくれた。何事もあきらめずに最後まで頑張ろうと思う」(翻訳・編集/三田)