30日、歌手で女優の酒井法子が13年ぶりに台湾入り。現地で記者会見およびサイン会を開催した。写真は酒井法子。

写真拡大

2016年1月30日、歌手で女優の酒井法子が13年ぶりに台湾入り。現地で記者会見およびサイン会を開催した。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

30日、ミニアルバム「Truth 〜飛べない鳥よ〜」のPRのため台湾入り。酒井法子が台湾にやって来るのは、03年以来で13年ぶりとなった。空港には約70名のファンが集まり、温かく出迎えている。

今回の台湾訪問については、「長年支えてくれている台湾のファンに、恩返しの思いでやって来た」と語っている。トップアイドルだった1990年代には、酒井法子の顔入りのバイクの泥除けが大人気で、当時は台湾きっての「泥除け女神」だった。記者会見ではこの泥除けがプレゼントされ、酒井も「息子がバイクに乗るようになったらつけたい」と大喜び。90年代に初めて台湾に来た時、自分の顔入りの泥除けを多く見かけ、感激したことを明かしている。

夜にはサイン会も開催されたが、予定された定員200人はあっという間にいっぱいに。20年以上の熱烈なファンや、自作の「法子アプリ」入りのiPadをプレゼントするファンの姿も見られた。(翻訳・編集/Mathilda)