男女の違いは大してなかった?

写真拡大

男性は人の話を聞かない、女性は地図を読むのが苦手――こうした男女の性質や行動の違いは、脳の性差が影響しているという説が有力だ。しかし最近、これまでの定説を覆す研究結果が発表された。

新説「脳にも行動にも性差はない」

「脳のつくりが違うから」そう考えれば異性の理解しがたい言動にも多少はあきらめがつくが、実は、男性脳や女性脳というものはめったに存在しないものらしい。

イスラエル・テルアビブ大学のダフナ・ジョエル氏ら研究チームが2015年11月30日、オンライン版Proceedings of the National Academy of Sciences誌に発表した研究報告によると、これまで男女の行動や考え方の違いの根拠とされてきた「男性脳」「女性脳」を持つ人はほとんどいないという。

研究チームは1400人以上の脳のMRI画像を分析した。その結果、男女の脳には、いくつか異なる特徴が見られたものの、大きな違いは見られなかった。男性に共通した特徴を持つ女性もいれば、その逆もあり、ほとんどの脳では男女の特徴が「モザイク状に」重なり合っていることがわかった。一方、完全な「男性脳」または「女性脳」を持つ人は0〜8%で、ごくまれなケースだった。

さらに、5500人の男女のデータをもとに性差による行動の違いを分析したところ、ステレオタイプな(と思われている)男性または女性の行動をとる人はわずか0.1%に過ぎなかった。ジョエル氏はサイエンス誌の取材に対し、「男性脳や女性脳というものはないし、男性または女性いずれかの性質だけを持つ人はいない。いるとしても、ごく稀なケースだ」と話した。

「海馬は女性の方が大きい」もウソ?

英国でも同様の研究結果が2015年8月に報告されている。英ロザリンド・フランクリン医科学大学のリーセ・エリオット氏らがおよそ6000人の脳のMRI画像を調べたところ、記憶を司る「海馬」と呼ばれる領域は、平均すると男性の方が女性より大きいが、脳全体の大きさの違いを考慮すると、性差はほとんどないことが分かった。

海馬は、短期・長期の記憶に関わるとともに、感情を感覚に結びつける働きをしていると言われる。これまでの通説では、女性の方が海馬が大きいため、男性より感情表現が豊かで言語などの記憶力に優れているとされてきたが、エリオット氏らの研究結果はこれを否定している。

これらの研究結果を見ると、男女の行動の違いを脳の構造の違いで説明するのは無理があるように思われる。少なくともMRI画像を見て、これは男性の脳、こちらは女性の脳と判別するのは専門家でも難しそうだ。

感性心理学・認知神経科学を専門とする慶應義塾大学文学部心理学准教授の川畑秀明氏は、2つの論文について、「男女の行動の違いを『男性脳』『女性脳』とラベル付けして理解するのは危険だということは以前から指摘されてきたことですが、個々の人間の脳にはそれほど明確な『男性脳』『女性脳』があるわけではないということを、脳の全体的な構造から示している点で興味深い。しかも、これらの研究は非常に大きなサンプルからそのことを裏付けています」と評価する。

「男女差」裏付ける研究も多数

一方で、川畑氏は、脳の男女差を完全に否定することにも疑問を呈している。

「過去の多くの研究では、たとえば海馬の大きさや脳梁(脳の右半球と左半球をつないでいる神経繊維)、被殻という脳の中央部にある領域の大きさに男女差がみられるなど、その違いを示した研究もたくさんあります。ジョエル氏らやエリオット氏らの研究が示しているのは、『平均値でいうと差が見られる程度で、そこにはとても大きなばらつきがある』ということです」

男女のステレオタイプな性質を「男性脳」「女性脳」を根拠に説明した書籍は依然人気が高い。その代表ともいえる『話を聞けない男、地図が読めない女』は世界的な大ベストセラーになり、日本でもシリーズ累計350万部を超え、昨年12月に新装版が出版されたばかりだ。なぜ私たちは、男と女を区別しようとするのだろうか。

「人は何かしらのラベル付けをしてステレオタイプに理解しようとする認知傾向があります。それほど違いがなくても、そのわずかな違いを大きく捉えてしまう傾向があるということでしょう。特に自分が所属するグループ(内集団)とそれ以外(外集団)を区別し、内集団をひいきすることは社会心理学でしばしば指摘されてきました。脳研究を参考に、男性であれば自分の中に女性的な側面があることを、女性であればその逆を理解していれば、いろいろなハラスメントも抑制できるかもしれません」と川畑氏。

男性脳、女性脳の話題が多くの人の関心を集めるのは、異性の気持ちを何とか理解したいという気持ちの表れかもしれない。[監修:川畑秀明 慶應義塾大学文学部心理学准教授]

参考文献
Sex beyond the genitalia: The human brain mosaic
DOI: 10.1073 PMID: 26621705
The human hippocampus is not sexually-dimorphic: Meta-analysis of structural MRI volumes.
DOI: 10.1016 PMID: 26334947

(Aging Style)