[1.30 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選決勝 U-23韓国 2-3 U-23日本 アブドゥッラー・ビン・ハリーファ・スタジアム]

 2点のビハインドを背負った。しかし、U-23日本代表はここから驚異的な粘りを見せる。チームメイトが次々とネットを揺らす姿を最終ラインから見つめていたDF岩波拓也(神戸)は、「後ろから見ていて感動した」と試合後に振り返った。

 ここまで先制された試合はなかったが、前半20分にMFクォン・チャンフンのシュートが岩波の左足に当たってゴールマウスに吸い込まれ、韓国に先制点を献上してしまう。さらに後半2分に追加点を奪われ、「非常に厳しい展開になった」のは確かだ。

 しかし、後半22分にFW浅野拓磨(広島)の得点で1点差に詰め寄ると、「1分後に点が入ると想像もしていなかった」ように、直後の同23分にMF矢島慎也(岡山)がネットを揺らして同点に追い付く。さらに同36分には浅野が再びゴールを奪い、2点のビハインドをはね返して3-2の大逆転勝利を収めた。

「サッカーは何が起こるか分からないと改めて思いました。あの展開から逆転できるほどのチームになったんだと、後ろから見ていて感動したし、今日は前線の選手に感謝したい。本当に夢のようでした」

 アジア8強の壁を越えられずに苦しんだチームだった。「あまり勝てないと評価されていると思う」と悔しい思いをしてきたが、そのチームがアジアの頂点まで辿り着いた。「最後まで諦めずに皆で戦った結果だと思う。一緒に戦った仲間をすごく誇りに思うし、皆に感謝したい」とともに戦い続けたチームメイトに感謝を示した。

(取材・文 折戸岳彦)


●AFC U-23選手権2016特集