超まろ…どんな味?

写真拡大

エースコックは2016年1月11日、「極みのスーパーカップ1.5倍 超まろ豚骨ラーメン/超まろカレーラーメン」を発売した。

「スーパーカップ」ブランドから新シリーズ「極みのスーパーカップ」が登場。第1弾は「とろけるようなまろやかさ」を極めた新感覚のスープが特長の「超まろ」だ。この「新感覚さ」に、賛否両論が上がっている。

泡立つカップめん!?

豚骨や豚頭などのポークエキスに香味野菜の旨みを溶けこませた豚骨スープの「豚骨」と、ポークやオニオンの旨みにターメリックなどの香辛料がきいたカレースープの「カレー」の2種類。どちらのスープも「クリーミングパウダー」を加え、クリーミーでまろやかなスープに仕上げている。

ツイッターでは、

「粉末スープいれた瞬間スゲー泡がたってビックリした。なんだこれは何を錬成しようとしているのだってレベルの」

など、「クリーミングパウダー」での仕上がりにビックリしたという声がチラホラ。

味については、「カレーラーメン」は

「スーパーカップの超まろカレーってのがカレー系カップメンで久々のヒットだった」
「舌触りが良いな、味は普通のカレーラーメンをクリーミーにした感じで美味い」
「のどを刺激する辛味と広がるクリーミーなコクにもちもちと腰のある中細麺。まろやかな口当たりとホットなのど越しがあとを引き美味しいです」

と、高評価が多くみられるが、一方の「豚骨ラーメン」は

「スーパーカップの超まろ豚骨ねるねるねるねみたい。美味しい」
「スーパーカップの超まろ豚骨、すごくね?口当たりがばっちぐー!」
「ふわふわした口当たりがすごく変な感じ」
「後入れスープ粉末入れて混ぜた瞬間にスープが泡立って白濁したの見て素で気味悪いと思ってしまった」

と、評価は両極端だ。「超まろ」な口当たりのスープはカレー味では多くの人に受けるが、豚骨味では好き嫌いを大きく分けるのかも。

希望小売価格は200円(税抜)。