『さらば あぶない刑事』初日舞台挨拶より

写真拡大

1月30日より全国252館で公開となった映画『さらば あぶない刑事』が、12月4日より公開中で、現在、興収30億円に迫る『007 スペクター』の初動とほぼ同じく、土日2日間の観客動員が22万人程度 興収3億円程度が予想される、興収30億円超えも可能なシリーズ最高のスタートを切ったことがわかった。

『さらば あぶない刑事』舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオル インタビュー

1986年のテレビドラマ放映開始から30年。長年、愛され続けてきた『あぶデカ』シリーズの最後を飾る本作は、劇場窓口前売券発枚数も最終的に6万5000枚を突破する見込みで、この数字は2000年以降の東映実写作品ではNO.1の販売枚数となる。

これまで「あぶデカ」シリーズの劇場映画総興収は82億円だったが、本作の好調な滑り出しを受け、100億円突破も見えてきた。

また本作は、都心部だけでなく地方でも素晴らしい成績となっており、小学生から大人まで、世代や性別に関係なく大勢が劇場へ足を運んでいること、鑑賞後の満足度も非常に高いことなどから、休日だけでなく平日も好調さが期待でき、さらなる興収の伸びが十分期待できる興行となっている。

舘ひろしと柴田恭兵の10年ぶり来阪にミナミの街がパニック!
[動画]これが最後!『あぶない刑事』舘ひろし、柴田恭兵らが揃って舞台挨拶
前作比300%超の前売り売上げ!「さらば」で『あぶ刑事』旋風は吹き荒れるか!?/前編
[動画]映画『さらば あぶない刑事』タカとユージのコメント映像