[1.30 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選決勝 U-23韓国 2-3 U-23日本 アブドゥッラー・ビン・ハリーファ・スタジアム]

 左足から蹴り出されたボールは鮮やかな軌道を描いてゴール前へと向かう――。後半2分までに2点を先行される苦しい展開の中、同22分にFW浅野拓磨(広島)のゴールで1点差に詰めったU-23代表は、勢いに乗ると直後の同23分に同点に追い付く。値千金のゴールをアシストしたのが、DF山中亮輔(柏)だった。

 左サイドでボールを受けた山中は「仕掛けてやろうと思っていた」とスピードを上げて対面する相手選手を置き去りにすると、「ドリブルを仕掛ける前に『中に味方がいるな』と確認していたし、仕掛けてからは感覚で上げました」。左足で送ったクロスはゴール前に走り込んだMF矢島慎也(岡山)にピンポイントで届き、矢島のヘディングシュートで同点ゴールが生まれた。

 今大会を通じて初めて先制点を奪われたものの、「チームとしては負ける気がしないような一体感があったので、耐えながらいこうと声を出していた」とまとまりを見せていたチームは、後半36分のFW浅野拓磨の決勝ゴールで3-2の逆転勝利を収め、アジアの頂点へと上り詰めた。

 手倉森ジャパン発足当初からの常連メンバーの一人。アジア8強の壁を越えられずに、ずっと悔しい思いをしてきた。しかし、ようやく訪れた歓喜の瞬間に「いやもう、めちゃくちゃ気持ち良かったです」と破顔した。

(取材・文 折戸岳彦)


●AFC U-23選手権2016特集