29日、韓国・聯合ニュースによると、国連特別報告官のマイナ・キアイ氏が「韓国では平和な集会と結社の自由が後退している」と評価した。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は韓国国旗。

写真拡大

2016年1月29日、韓国・聯合ニュースによると、国連平和的集会および結社の自由特別報告官のマイナ・キアイ氏は、韓国での平和的な集会と結社の自由について「継続的に後退している」と評価した。

今月20日に訪韓し、韓国の集会管理の実態などを調査したマイナ・キアイ特別報告官は29日、ソウルのプレスセンターで行われた記者会見で「韓国では最近数年間、平和な集会と結社の自由が継続的に後退している感じを受けた」と述べた。また、「韓国政府が市民の利便性と安全上の問題などを、集会の自由を制約する理由として挙げているが、これは口実にはならない」と指摘した。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「国の恥をさらした」
「このような事実を知らない国民が多いのが不思議だ」
「鶏小屋(韓国)の中に基本的人権を求める方が間違っている」
「この際、あっさりと民主主義の看板を下ろして、朴槿恵王朝を創立して絶対王政にしてはどうだ」

「どう考えても、暴力デモは阻止すべきだ」
「きっと暴力集会の動画は見なかったんだ。警察が殴られ、パトカーが何台も壊されるような集会を制限せずに自由にさせておけというのか?」
「いくら集会・結社の自由があるからと言っても、鉄パイプを持って参加するような集会まで認めないといけないというのはおかしいと思う」

「韓国の現状を良く知りもせずに、いい加減なことを言わないでほしい」
「このような否定的な評価も、真摯に受け止めるべきだ」(翻訳・編集/三田)