今大会3得点を挙げた久保。前線の軸として存在感は示すも「もう少し(点を)取りたかった」と満足感はない。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト)

写真拡大

 決勝では無得点に終わったものの、今大会を通じて前線の軸として存在感を見せた久保裕也のコメントをお届けする。

―――◆―――◆―――◆―――

【リオ五輪予選PHOTOダイジェスト】ドラマチックな逆転劇でアジア王者に!日本 3-2 韓国

 
久保裕也(ヤングボーイズ/FW)
 
――今大会で一番の収穫はなんですか?
 
 この世代で一度も良い思いをしてこなかったので、優勝してみんなで喜び合えたことが一番の収穫です。まあ、この先もまだありますけどね。
 
――良い思いをしてこなかったというのは?
 
 周りからはあまり評価されてなかったので、「見返してやろう」っていうふうには思っていました。とりあえず、それが達成できたので良かったです。
 
――今大会を通じて感じた課題は?
 
 仕掛けの局面で、もう少し打開力を発揮したいですね。そうすればチャンスは増えるだろうし、シュートに持っていく形にしても、物足りなかった印象はあります。
 
――3ゴールを決めましたが、少ないと感じますか?
 
 もう少し取りたかったですね。前線の軸になるんだっていう意識を高めて、もっと貢献できるように頑張りたいです。