浅野へのアシストを決めた直後に、今度は自身で同点弾を突き刺す。矢島はまさに千両役者と言える働きだった。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 決勝という大舞台で1得点・1アシスト。逆転劇の足掛かりとなるアシストと同点弾を沈めた矢島慎也のコメントをお届けする。
 
―――◆―――◆―――◆―――

【リオ五輪予選PHOTOダイジェスト】ドラマチックな逆転劇でアジア王者に!日本 3-2 韓国
 
矢島慎也(岡山/MF)
 
――勝った瞬間の率直な感想を教えてください。
 
 このチームで優勝したいと思っていたので、ほんとに嬉しかった。監督を胴上げした時に「やっぱり優勝したんだ!」という気持ちになりました。
 
――試合は2点を先行される苦しい展開でした。
 
 前半の入りも後半の入りも悪かった。特に前半は入りの悪さを引きずってしまい、自分たちの展開に持ち込めませんでした。でも、後半に相手が落ちるというスカウティングもありましたし、実際にクロスに対する守備もバラつきが出てきていました。
 
 スペースも空いていたし、さらにマイナスのボールに対してバイタルが空いてくるというスカウティングも聞いていましたから。その通りに、前半から室屋がクロスを上げて自分が入って行った時にマークがついていなかったので、良いボールが上がってくれば得点を決められるかなと思っていました。
 
――1点返すまで、ビルドアップで苦しんでいた印象です。
 
 距離が遠すぎたというわけではありませんが、あまり良い距離感ではなかった。個人的には前半はなにもしていなかったので、そこで「なにができるか」というのは永遠の課題なんですけど、もう一回試合を見直して、課題を見つけたいです。
 
――韓国は(2014年の)仁川のアジア大会の時となにが違いましたか?
 
 チーム自体が違いますし、個々の選手も違うのでなんとも言えませんが、上手かったです。日韓戦というとバチバチきて、球際やルーズボールの争いが激しい印象ですが、それにプラスしてテクニックや俊敏性があって、本当に上手かった。前半は特に相手を捕まえ切れずに自由にやらせちゃいましたから。
 
――1点目のアシストの場面は浅野選手の動きを意識していた?
 
 そうですね。拓磨だけでなく、(中島)翔哉や久保も裏に抜ける回数が多かった。そこを見逃すと自分の良さがなくなるので、あの得点に関しては拓磨のスピードも活かしつつという感じです。
 
――まず1点を取り返して、「行ける」という雰囲気はあったのでしょうか?
 
 (浅野)拓磨が入ってきたところで攻撃を仕掛ける意図が読み取れましたし、拓磨が裏を抜ける時にはいつもその動きを見ているので、それがようやく点につながったかなと思っています。
 
――後半から徐々にペースを掴むなかで、同点となる2点目を決めました。
 
 前半から自分がクロスに入っていく時にマークが外れていたので、良いボールが来れば入るかなと思っていました。ヘディングでのゴールは自分としては予想外ですが、ヤマ(山中亮輔)のボールが良かったし、あの時はなにも考えていなかったです。
 
――2点目を決めた後、感情を爆発させていました。
 
 やっぱり優勝したい気持ちがありましたし、あれだけ劣勢のなかから1点を返して、さらに自分が決めたというのは、なんて言うでしょうか……ここから「勝ちに行くしかない」という感情の表われでしたね。
 
――浅野選手の決勝ゴールの時はどうでしたか?
 
 1点返して、韓国の守備が裏に抜ける動きに対してルーズになり始めていたので、拓磨ならまた取るんじゃないかなと思っていました。落ち着いて決めてくれましたし、得点が入った時はみんなで喜べた。本当に嬉しかったです。
 
――勝てない世代と言われていましたが、アジアチャンピオンになりましたね。
 
 先制されたので、見ている人たちも「これはダメだなー」と思ったかもしれませんが、そこからひっくり返せたのはなかなかできないこと。内容が伴うのが一番良いですが、内容が悪くても勝ち切っちゃう。そういう勝ち癖みたいなのが今大会で付いてきたとすれば、 いい傾向なのかなと思っています。