ドクター中松氏が「昨年いっぱい」の余命延びた…対策をアピール

ざっくり言うと

  • ドクター中松氏が30日、「がん対策の10の治療法」の効用をアピールした
  • 中松氏は前立腺導管がんを患っており、告知された余命は15年いっぱいだった
  • 食事療法などが功を奏して、1カ月長く生き延びることができたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング