31日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日本の女の子が韓国に来て驚いたこと」とのスレッドが立ち、若い韓国人男性と日本人女性、2人のタレントの会話が紹介された。写真は韓国の焼き肉。

写真拡大

2016年1月31日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日本の女の子が韓国に来て驚いたこと」とのスレッドが立ち、若い韓国人男性と日本人女性、2人のタレントの会話が紹介された。

男性が「初めて韓国に来た時、一番慣れなかったことはどんなこと?」と聞くと、女性は「男友達と焼き肉を食べに出掛けた時、その子が肉を焼いてくれた」ことだと言う。この答えに男性は驚き、「もともとそうじゃないの?」と聞くと、女性は「違う場合もあるかもしれないけれど、日本ではほとんど女の子が肉を焼く」と説明、男性は「じゃあ男は食べるだけなんだね?」と念を押した。

これを紹介したスレッド主が「韓国では男女両方とも肉を焼くと思うけど、この会話からすると、日本では9割以上は女性がやるみたいだね」とつづると、他のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

「普通はお母さんが焼くね」
「家ではほとんどの料理をお母さんがするし、肉も焼いてくれるけど、外に食べに行った時はお父さんが焼いてるね」

「韓国でも男がみんなやるわけじゃない」
「うちでは家でもたいてい男が焼くよ。肉だけは、男の方がうまく焼けるという意識があるのかな」

「それなら日本に行きたい」
「いつも彼女が焼いてくれる」
「僕が焼かないから彼女が焼いてるだけかな…」

「日本では女の子が焼くなんて、まったくのうそだよ。この子が韓国で人気を出したいから、うそをついたか、演出で言わされたんだ」
「日本のドラマでは、男の人が一生懸命焼いてたよ」

「日本に行った時は、店員さんが焼いてくれた」
「自分の前にある物を、自分で焼いて食べるのでは?焼き肉はいつもそうやって食べてるよ。女性が焼いてくれる文化なんてないと思うけど」

「肉を一緒に食べる彼女がいれば、どっちなのか答えられるのに!」
「後輩の中で、肉を焼くのがうまい子がいるから、褒めたらいつも焼いてくれるようになった」(翻訳・編集/吉金)