29日、中国の掲示板サイトに、「日本にはそうりゅうがあるから中国は艦船をいくら増やしても無駄」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年1月29日、中国の掲示板サイトに、「日本にはそうりゅうがあるから中国は艦船をいくら増やしても無駄」と題するスレッドが立った。

スレ主は、「中国の対潜能力は弱すぎるから、日本のそうりゅうに対抗することは難しい」と指摘。中国がいくら艦船を増やしても無駄だと主張した。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「でも中国には核兵器がある」
「俺たちは水爆で日本を世界地図から抹消できるんだぞ。そうりゅうなんて上陸して投降するほかはないだろ」

「潜水艦は防御性の高い武器だ。攻撃性の武器は空母、爆撃機、核兵器だ」
「中国には原子力潜水艦というものがあるのを知らないのか?」

「どの通常動力型潜水艦も原子力潜水艦にはかなわない。どんなにゴミな原子力潜水艦でも、通常動力型潜水艦を相手にすれば遊びも同然」
「現代の戦争は、複数の兵器を立体的に使用するんだ。1種類の兵器だけ進んだ武器では意味がない」

「なんて恐ろしいんだ。俺はもう両足を挙げて降参だ」
「中国が日本の対潜能力を超えるのにあと5年から10年かかるだろう」

「そうりゅうが通常動力型潜水艦で最強なのは周知の事実。そして中国の対潜能力が低いのもまた事実。そうりゅうは中国の空母にとって一番の脅威になるだろう」(翻訳・編集/山中)