[1.30 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選決勝 U-23韓国 2-3 U-23日本 アブドゥッラー・ビン・ハリーファ・スタジアム]

「このチームで優勝したいと思ったので本当に良かった」

 

 後半22分のFW浅野拓磨のゴールで反撃ムードを作った日本は、同23分に左サイドからDF山中亮輔が上げたクロスにMF矢島慎也が走り込む。浅野の得点で動揺を見せる韓国守備陣。さらにニアでつぶれた浅野につられたことで、矢島が完全にフリーになった。頭に当てたボールは、吸い込まれるようにゴール左隅に収まった。

 矢島は反撃ののろしを上げる浅野のゴールでもアシストを記録。インタビューに答えた背番号21は、「拓磨とはああいう形で点を取ろうとずっと話していた。ようやく繋がりました」と白い歯をこぼした。

 171cmの矢島だが、今大会の2ゴールはいずれもヘディングで挙げたもの。「らしくないんですけど」と苦笑いを浮かべた浅野も「慎也君にアシストしてもらって、ゴールもしてもらって助かった」。矢島は「勝てない勝てないと言われていた中で勝負強さを身に付けられたことはデカかった。拓磨が決めるんじゃないかなと思っていた」と互いを称えあった。


●AFC U-23選手権2016特集