前線で起点となる動きを見せる久保だが、いまだ決定的なシーンは迎えられず。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 U-23アジア選手権は1月30日、決勝の日本対韓国がカタール・ドーハのアブドゥッラー・ビン・ハリーファ・スタジアムで17時45分(日本時間23時45分)にキックオフされた。
 
 日本はこの試合、準決勝のイラク戦からスタメン4名を入れ替えて臨んだ。立ち上がりから日本は前線の久保、オナイウが縦への抜け出しを狙い、スピーディな攻撃を見せる。
 
 ただし韓国も最終ラインを押し上げてコンパクトな陣形を保ち、激しいプレスで応戦してくる。一進一退の攻防のなか、スコアが動いたのは20分。韓国は左サイドからのクロスのこぼれ球をクォン・チャンフンがボレーシュート。これが岩波の左足に当たってコースが変わり、日本ゴールに吸い込まれた。韓国が1点を先制した。

 日本はサイドを起点に韓国陣内に攻め込むが、決定的な場面を作るまでには至らない。結局、前半は韓国の1点リードで終了した。