28日、日本に旅行に出かける観光客及び中国人観光客の日本での消費額が共に史上最高を更新した2015年、気前がいい中国人観光客は日本の業者にとって最も大事な存在になった。写真は中国のお年玉袋。

写真拡大

2016年1月28日、日本に旅行に出かける観光客及び中国人観光客の日本での消費額が共に史上最高を更新した2015年、気前がいい中国人観光客は日本の業者にとって最も大事な存在になった。

2016年の春節(旧正月、今年は2月8日)長期休暇に訪れる数多くの中国人観光客を迎えるため、中国人観光客に「お年玉」を配るという妙案を思いついた日本の業者がいる。ある百貨店の責任者は取材に対し、「2月7日、店に来てくれた中国人客にお年玉を配る。日本でも中国の春節の年越し気分を味わってほしい」と明かした。

客のためにお年玉を配るのは日本の百貨店では初めてだ。このために同百貨店のスタッフは特別な「ポチ袋」を3000枚用意し、真新しい5円玉硬貨を封入した。(提供/人民網日本語版・翻訳/JK・編集/武藤)