2015年に「南京事件」がユネスコの「世界記憶遺産」に登録されたことで、違和感を持った日本人も多かった。「政治的にユネスコの世界遺産を利用」、「諸説があるのに、中国の一方的な主張をそのまま認めた」といった反発が出た。(イメージ写真提供:(C)Aleksander Frolov/123RF.COM)

写真拡大

 2015年に「南京事件」がユネスコの「世界記憶遺産」に登録されたことで、違和感を持った日本人も多かった。「政治的にユネスコの世界遺産を利用」、「諸説があるのに、中国の一方的な主張をそのまま認めた」といった反発が出た。

 ユネスコがさまざまな形で「世界遺産」を定めていること自体は評価したい。人類のさまざまな「遺産」を世界に改めて紹介することは、保護や継承にも役立つからだ。しかしユネスコは、申請する側の「誠意」をあまりにも信じすぎ、頼りすぎていないのか。きちんと審査しているのか。こんな疑問を持たざるをえない例を、もうひとつご紹介しよう。

■ 中国が自国から消えた「ホーミー」を世界遺産に申請、ユネスコは認めた

 中国が申請し、2009年に「モンゴル民族の伝統的な歌唱技術」として「無形文化遺産」に登録された「ホーミー(ホーメイ、コーメイ)」だ。「ホーミー」とは声帯で一定の音高のうなり声を出しながら、口腔などで特定の倍音を響かせる技術、つまり1人で同時に2つの音を出す1種の歌唱法だ。

 なお、ここからは文章の内容上、やや細かい論が続くが、ご容赦願いたい。

 まず、モンゴル民族は独立国であるモンゴル国だけでなく、ロシアのシベリア地域や中国にも広く居住している。 中国国内のモンゴル民族の人口は、数え方にやや問題はあるが、モンゴル国よりも多いぐらいだ。したがって、中国がモンゴル民族の文化について登録申請すること自体は、さほど問題ないと考える。

 問題は、「中国ではホーミーの技法が1990年代初頭に途絶えてしまっていた」ことだ。

 しかしユネスコが公開している「無形文化遺産」のリストには、「ホーミーは現在も、いくつかの国のモンゴル人コミュニティーで、特に中国北部の内モンゴル、モンゴル国西部、そしてロシアのトゥバ共和国で実践されている」と書かれている。

■ 内モンゴルの研究者も「地元」ではホーミーの伝承を確認できず

 筆者は1980年代後半から90年代初頭にかけて、留学生として中国に滞在していた。その際に、大変に世話になった内モンゴルの音楽家・モンゴル音楽研究家である先生に、「ホーミーの技法は内モンゴルにはなかったが、新疆ウイグル自治区のモンゴル族には伝わっている。しかし私が現地に行った時点で伝承者は2人しかおらず、現在までに1人は亡くなった」と聞いた。

 その先生の名は、ご本人に影響があるといけないので、ここでは伏せておく。ただし、すでに定年で退職したが、内モンゴルの音楽界で公的な要職も務めたことがある人物であり、関連する論文も多く発表していることを書き添えておく。

■ 別の呼称で新疆ウイグルには存在したが・・・・・・

 さて、その先生が力を入れてきた研究対象に、モンゴル伝統音楽の「チョール」という概念がある。現象あるいは事物としてのチョールはさまざまで、内モンゴル東部には、馬頭琴と同系統で調弦や奏法が異なる「チョール」という擦弦楽器がある。内モンゴル中部には「チョーリン・ドー(チョールの歌)」と呼ばれる合唱がある。

 さらに、新疆ウイグルのモンゴル人およびモンゴル国西部では「モドゥン・チョール(木のチョール)」と呼ばれる木製の管楽器が伝わっていた。さらに、新疆ウイグルではホーミーと同様の歌唱法が「ホーロイン・チョール(喉のチョール)」と呼ばれて伝わっていた。

 いずれの「チョール」も、同じ音高の低音に、高い音高での旋律を重ねる点で同様だ。擦弦楽器の「チョール」は低弦を開放弦として鳴らし、高い方の弦で旋律を奏でて重ねる奏法を多用する。「チョーリン・ドー」では「合唱者」が低音の「うなり声」を出し、そのうえで1人が高い音で旋律を独唱する。