食材を手早く、均一にカットする!

写真拡大

フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、食材を手早く均一にカットする調理家電「フィリップス マルチチョッパー」を、2016年2月上旬に発売する。

ノンフライヤー、ヌードルメーカーに続く調理家電の新製品で、手間をかけることなく簡単に、野菜をはじめとした食材をカットできるほか、手を汚さない時短調理を実現した。

食材の水分を約30%多く残しながら、食材を均一にカットできる「チョップドロップモード」と、刻む・混ぜる・ミンチができる「フードプロセッサーモード」を用意。

「チョップドロップモード」は、特別な形状に設計されたバスケットで毎分約1500回の低速回転で食材を刻み、食材をみずみずしく、かつ食感を活かしたドライピースカットが可能。キャベツやきゅうり、ゆでたまご、パプリカ、ピーナッツなどの異なる固さの食材をまとめて均一にカットすることができ、最近人気を集めている「チョップドサラダ」を簡単につくれる。たまねぎやにんにく、にんじんなどの調理準備にも最適。

「フードプロセッサーモード」は1分間に約5000回の高速回転で、食材を刻んだり、混ぜたり、ミンチにすることができる。鍋料理のつみれ団子、スムージー、パイ生地や離乳食などの調理にも適しているので、さまざまな料理を楽しめる。

コンパクトな設計のうえ、本体とカップ、バスケット、ブレードを分解できるので使用後のお手入れも簡単。水洗いはもちろん、食洗機での洗浄もできる。

色はブラックとホワイト。「マルチチョッパー」専用のオリジナルレシピブックを同梱した。

オープン価格。