世界的人気のパティシエ、ピエールエルメのレシピ集

写真拡大

美術関連の出版事業を手掛ける青幻舎(京都市)は、現代最高と称されるフランスのパティシエ、ピエール・エルメのビジュアルブックレシピ集「ピエール・エルメ サティーヌ」を、2016年2月上旬に全国の書店で発売する。

21世紀のパティスリー界を牽引し「パティスリー界のピカソ」と賞賛されるピエール・エルメ。その代表作のひとつともいえるのが、クリームチーズやオレンジ、パッションフルーツを巧みに組み合わせたフレーバー「サティーヌ」だ。

日本でも高い人気を誇るサティーヌは「ムーラン・ルージュ」の舞台を軽やかに彩った踊り子をイメージしたもの。サティーヌをベースに、マカロンやチーズケーキ、シュー、ミルフィユ、タルトなど約50点のオリジナルレシピを本邦初公開する。

また、世界的に高い評価を受けるフラワーアーティスト東信氏とのコラボレーションで、豪華な世界観を表現した一冊。

価格は4200円(税抜)。

2月8日には東京・代官山蔦屋書店2号館2階Anjinでトークイベントも開催予定。創作についてのトークに耳を傾けながら、サティーヌフレーバーのお菓子やドリンクを楽しむことができる。終了後には書籍へのサイン会も行われる。同店で参加券6000円(税抜/書籍代・お菓子代・ドリンク代を含む)の購入が必要。先着60人まで。