29日、上海を拠点に活動するSNH48 のメンバー、フェイ・チンユェンが“新・四千年美女”としてネット上で話題の人物に。“元祖・四千年”のキクちゃんことジュー・ジンイー超えは、「まだまだ早い」との声もある。写真はSNH48。

写真拡大

2016年1月29日、上海を拠点に活動するSNH48のメンバー、フェイ・チンユェン(費沁源)が“新・四千年美女”としてネット上で話題の人物に。“元祖・四千年”のキクちゃんことジュー・ジンイー(鞠[女青]「示韋」)超えは、「まだまだ早い」との声もある。国際在線が伝えた。

【その他の写真】

Team XIIに所属するフェイ・チンユェンは、昨年7月に誕生した第5期生の1人としてSNH48入り。14歳にして早くも「エース候補」とささやかれる注目の美少女だ。AKB48の渡辺麻友を連想させるという愛らしい顔立ちが日本のネット上で話題になったことや、現在配信中のSNH48によるバラエティー番組「国民美少女」で見せる存在感により、中国でも注目されている。

「国民美少女」では、台湾の国民的歌手フェイ・ユイチン(費玉清)に歌唱指導を受けたが、思いがけず才能があるところを見せて絶賛された。ネットユーザーの間で関心が一気に高まり、中国版ツイッターのフォロワー数は9日間で1万人も増加している。

SNH48のメンバーで最初に注目されたのは、日本で“四千年に1人の美少女”と話題になったキクちゃんことジュー・ジンイーだ。早くも“新・四千年美女”と呼ばれるようになったフェイ・チンユェンだが、SNH48のファンからは「彼女はまだ原石」「キクちゃん超えを語るのは早すぎ」といった声も聞かれている。(翻訳・編集/Mathilda)