29日、AFP通信によると、米国防総省の当局者は28日、北朝鮮が何らかの発射の準備をしているとの見方を示した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

写真拡大

2016年1月29日、AFP通信によると、米国防総省の当局者は28日、北朝鮮が何らかの発射の準備をしているとの見方を示した。

匿名でAFP通信の取材に応じた米国防総省の当局者によると、北朝鮮の北西部・東倉里(トンチャンリ)の西海衛星発射場を米研究所が最近撮影した衛星写真では人の動きなどが確認されているが、弾道ミサイルであることを示すものはないとの見方を示した。日本メディアは北朝鮮がミサイル発射の準備をしている動きがあると報じたが、当局者は何らかの発射の準備をしているとみられるが、衛星や探査機である可能性もあるとのべた。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「ロシアと中国が支援をやめることでしか、今の北朝鮮の政権を終わらせることはできない」

「小太りの指導者とその部下たちはお金が欲しいのだろう」

「発射準備がされているものが何であれ、撃墜すべきだ」

「米国も韓国も臆病だ」

「オバマ政権の後にもし共和党の大統領が就任すれば、北朝鮮は苦境に陥るだろう」

「しばらくの間、(北朝鮮への)食糧支援をやめるべきだ」

「金(正恩)第一書記を宇宙に送り込む準備をしているのだろう」(翻訳・編集/蘆田)