フルサイズキーボードにトランスフォーム!

写真拡大

デジタル文具などを手がけるキングジムは、モバイルパソコン「ポータブック XMC10」を2016年2月12日に発売する。

出張や外出先での使用を想定し、"使いやすさ"と"携帯性"を両立。左右に分かれて弧を描きながらスライド、2つにたためる新発想の「スライドアーク キーボード」を搭載。持ち運び時はA5サイズ手帳とほぼ同サイズに、また使用時は大きく開き、周囲をアルミフレームで補強したフルサイズキーボードとなるため、快適で安定感のある文字入力が可能だという。

OSは「Windows 10 Home」(64bit版)。オフィスソフトと1TBのオンラインストレージサービスを利用可能な「Office MobileプラスOffice 365サービス」をプレインストールする。

約830グラムの軽量ボディにHDMIやVGA映像出力端子、USBポート、SDメモリーカードスロットなどを備える。約3時間の充電で約5時間駆動のバッテリーを内蔵。充電用アダプターはUSBタイプで、タブレット対応モバイルバッテリーから充電も可能だ。

8型TFT(1280×768ドット)液晶ディスプレイ、メモリーは2GB、ストレージはeMMC 32GB。IEEE 802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポート。

価格はオープン。通販サイトでは、8万円台後半から9万円台後半の価格で予約を受け付けている。